函館芝2000mで好走する種牡馬を調べてみました

公開日: 

函館芝2000mコースで活躍する血統について調べてみました。
洋芝でスパイラルカーブというコースですが血統的なクセはあるのか?

今週開催される函館記念の参考にでもして下さい。

でわ調べた結果の報告です。
対象期間は過去3年として集計しました。

【函館芝2000m種牡馬別成績(30回以上出走) 2011年~2014年7月13日】
函館芝2000m種牡馬別成績(出走回数30以上)2011-20140713

キングカメハメハは勝率17.4%、複勝率41.3%は抜群の成績ですね。
産駒はダートも走るパワータイプも多いので洋芝も対応しています。

シンボリクリスエスも勝率15.6%、と高い数値です。
昨年の函館記念4着サトノギャラントもシンボリクリスエス産駒でした。
キングカメハメハ同様でパワータイプ種牡馬なので個人的には納得です。

名前の背景色が黄色はサンデーサイレンス系なのですが、
出走回数の多さに比べると成績はイマイチですね…。

確かにサンデーサイレンス系が洋芝で活躍するとは思えません。

種牡馬別と合わせて馬体重別も調べてみると面白い傾向が。

【函館芝2000m馬体重別成績 2011年~2014年7月13日】
函館芝2000m馬体重別成績2011-20140713

なんと500~519kgが勝率10.7%でトップです。
出走回数84は母数としてやや少ない気もしますけどね。

2011年函館記念はキングトップガンが510キロで勝ちました。
前にも出てきた昨年の函館記念4着サトノギャラントも502キロです。

狙う方向性としてはパワー要素を持った馬を狙いたいですね。
今年の函館記念で該当馬はゼロス、メイショウサミットの2頭ですか…。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑