競馬予想で展開を読み解くことは難しいけど勝つためには必要な作業

公開日: 

競馬予想で本命馬を決めるまでのプロセスがいくつかありますか序盤の方にやらなければいけない作業の一つが「レースの展開を読み解く」ことです。

出走馬の過去成績やコース形態からレース全体がどういう感じになるのか分からなければ本命馬を決めることもできないと私は考えています。

どんなペースになって4コーナーではどの馬がどの位置取りかまで正確に考えることができれば馬券のプロです。そこまでは難しいとしてもハイペースになるかスローペースになるかの判断は最低限必要だと思います。

先週日曜日の競馬が始まる前に次のようなツイートをしました。

※【12月20日競馬メモ】と書いていますが間違いです。正しくは12月21日です。

これは12月21日(日)の新馬と未勝利を除くダートレースでペースがスローペースとハイペースどちらになるか事前に予想してみました。

本来ならばスローペース、ハイペースとは別にミドルペース(平均ペース)という考え方が標準的ですが基準は人それぞれで難しいので今回は前半と後半のレースラップを比較して前半が早ければハイペース、後半が早ければスローペースという基準で考えてみました。

そして日曜日のレース後に集計すると次の結果となりました。

20141221ダートペース予想

12レース中8レース的中なので的中率66%です。

単純に前半と後半どちらが早くなるかという単純な予想でも的中率は66%しかないんですよね。1日集計しただけなので母数を考えれば誤差は十分ありますがこれを当てれなければその後の予想も全て前提が間違っているわけなので結果外れに終わっても不思議ではありません。

競馬予想は最終的にどう馬券を買うか決めることが予想としての目的ですが全体の根柢とも言える展開を読み解くことが競馬上達には欠かせないということを改めて学びました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。