菊花賞が終わったので血統で振り返ってみる

公開日: 

先週、牡馬クラシック最後のレース菊花賞が終わりました。

今回は競馬仲間で血統予想の師匠的な存在の@takuzikunに寄稿して頂きました。

拓二くんツイッター画像
(↑@takuzikun)

牡馬クラシックを終えて

牡馬クラシック第3弾菊花賞を終えて現3歳世代にとっては取り敢えず一区切りついた格好か。

皐月賞とダービーを破格なパフォーマンスで制したドゥラメンテに、エース不在の最終戦で実績一番の割に低評価を与えられた納得がいかないかの如くゴール板を駆け抜けたキタサンブラック。

この世代なりのドラマを贅沢に十分に魅させていただいた印象だ。

皐月賞、菊花賞で2着とし、惜しくも無冠で終わった物のその安定感は世代トップであったリアルスティールもそのドラマに大事な色付けをしてくれた。

ベストの舞台である皐月賞でドゥラメンテにあの様なパフォーマンスをされたのだから仕方なく、しっかりと2着を死守した姿は王道路線をしっかりと歩むに相応しい姿であった。

菊花賞を振り返る

菊花賞について書かせていただくが「大金星のキタサンブラック」に「らしいリアルスティール」に「ここ一番のリアファル」の中でキタサンブラックとリアファルについてのみ少し。

頂点へ昇りつめたかった敗者と下りきった勝者。

まず戦前から言われていたとおりキタサンブラックに3000Mという距離が長かったのは明らか。

これまでの実績からはそれほど不安視されないだろうが、血統が何より嫌われた。

同馬の母父は最強スプリンターとして名高いサクラバクシンオー、母父サクラバクシンオーが菊花賞を勝てるのか、そう思うのは仕方ない。

ただ、春と比べても走法に伸びが出ていた事もあり、セントライト記念の走りには距離の融通性を感じた。

2200Mが長いという印象はなかったと言い切れるが3000Mをこなせるとまでは言い切れない走りだった。

逆にリアファルについてはどうか、ゼンノロブロイ×エルコンドルパサー・Rivermanという血統。ゼンノロブロイは秋古馬三冠馬でエルコンドルパサーは凱旋門賞2着。姉には中山2500Mで条件勝ちをおさめたマリアライトがいる。

距離をこなせる裏付けがとにかく充実している。

2400Mでリアルスティールに先着出来たとなると3000Mに距離を延ばせば適性から菊花賞を制す夢を託せる馬であろう、実際に皆同じく夢を見た様で1番人気の指示を得た。

キタサンブラックとリアファルの走りから振り返る

この2頭の過去走りや血統から適性を考え菊花賞を見てみる。

スタミナ勝負では不利になるがスピードではこのメンバーでもトップクラス、この馬の競馬をさせたい。

3角からの下り坂でスピードに乗せてゴールまでスピードを持続させ下り切りたい、とキタサンブラック。

スタミナ勝負に持ち込みラストがかかる展開ならこのメンバーでも能力は足りるはずだ、この馬の競馬をさせたい。

スピリッツミノルという明らかな逃げ馬がいるのでこの馬を見て消耗戦に持ち込み粘り切りたい、とリアファル。

持続力に持ち込みたいキタサンブラックと消耗戦に持ち込みたいリアファル。

レースは案の定のスピリッツミノルの逃げ。

しかし、ダービーの時にも話題になっていた通りこの馬はテンが速いわけではないのでペースは上がらない。

3000mという距離、人気の差し馬が後ろにいる状態で仕掛ける事が出来ないルメールがこのレースの結果に大きな影響をもたらした。

動かないレースにしびれを切らし先頭に立ったのは横山騎乗のミュゼエイリアン。

しかし、ルメールは動かない。なるべく余力を持って4角を回りたいと思うのは当たり前。

だが、それではリアファルの競馬にはならない。

動きたくなくてじっとするのと、自分の競馬に徹してじっとするのとでは全然意味合いは違ってくる。

リアルスティール、タンタアレグリアは正に良い意味でじっとしていた。キタサンブラックもそうだった。

4角を回って直線へ。リアファルが伸びてくる。

しかし、上がりが速過ぎた。前走負かしたリアルスティールに差され、キタサンブラックに差された。

スピード勝負なら任せろ、と自信満々に内から伸びた勝ち馬は見事だった。

ガツガツと頂点へ昇りつめたかった敗者とササット下り切って勝利をもぎ取った勝者。

そんな菊花賞だった。良いレースだったとは言い難いが、楽しいレースではあった。

ありがとう。

寄稿への感謝

@takuzikunへ、寄稿ありがとうございます。

予想以上の長文に驚きと評論家のような書き方が自分とは異なるので、いつもとは違った雰囲気の記事で良かったです。

レース前にお互いの本命がミュゼエイリアンだったので「血統予想が爆発するか?」とも期待しましたが、結果は残念でした。

でも、菊花賞という血統予想家が好むような条件で結果を出したかったな(笑)また寄稿お願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑