生きる自信を失ったなら自信が回復するまで休めばいいじゃないか

公開日: 

先日このブログに「生きる自信を失った」という言葉による検索からアクセスがありました。

おそらく、「自信を失った時こそ自分の気持ちをコントロールする。」という記事に辿り着いたと思われますが、もう少しアドバイスを掘り下げたいので書きます。

生きるって大変だよね?

生きるって大変じゃないですか?

良いことばかりではなく、不安に感じることがあったり、傷付いてしまう出来事があったり、良いことより悪いことの方が圧倒的に多い気がします。

生きるって大変ですよね…。

大変だからこそ、何か凄く残念な出来事があると生きる自信を失ってしまうかもしれません。

でも、絶対に生きることをギブアップしたらダメですよ。

生きていれば希望はある

実は私も過去にギブアップしようと考えたことが何度もあります。

思い通りにならなかったり、自分の力不足を痛感したり、「もう嫌だ…」と思ったことは数えきれないです。

人間は弱い生き物だから、悩んだ最後に自ら命を絶つという誤った選択肢を考えてしまいます。

ダメだよ、絶対に。

信じられないかもしれないけど生きていれば希望はあるから。

指と太陽
photo credit: Sun via photopin (license)

周囲の悲しみを考えてみる

もし自らの命を絶つという誤った選択をした後のことを考えると恐ろしいです。

賃貸なら事故物件として扱われ親族が損害賠償を請求されるかもしれません。残された身内は悲しみ、なぜ止めることが出来なかっただろうと一生後悔します。

また、あなたの存在で幸せを感じることが出来た人の未来の幸せも失われてしまいます。未来の希望が失われてしまうのです。

周囲の悲しみを考えると、間違った選択肢は選べないですよね…?

回復するまで休みなさいよ

人間は疲れた時は休むのが一番だと私は考えています。

それは肉体的な疲れであっても、精神的な疲れであっても同じです。生きる自信を失ったなら回復するまで休めばいいじゃないですか?

そして少しずつ気持ちを整理して生きる希望を探していきましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑