休みたい時に休める職場の実現(働き方改革)

公開日: 

今朝、外出する時にゴミ捨て場を見てみるとゴミ袋が5個~7個くらい出されていました。

凄く残念な光景です。

正月はゴミ収集が行われないことはゴミ出しマニュアルにも記載されていますし感覚的に分かることです。

それなのにどうしてゴミを出す人がいるのか正直不思議です。

正月は基本的にみんな休みなんだよ!

正月は基本的にみなさん休みじゃないですか、子供であれば学校は休みですし、大人であれば会社は休みです。

近くのお店とかも三が日はお休みですよね。

それであればゴミ収集を仕事としてくれている人たちも正月は休みで当然です。

正月にゴミを出す人は、ゴミ収集を仕事としている人が正月も働いてくれると思っているのでしょうか・・・?

正月は基本的にみんな休みです!どうして休みなんだと文句を言う方が間違っていますからね!

ゴミ箱
photo credit: Trash Recycling with Disposal Containers via photopin (license)

正月くらい休みたい人は休める世界がいい

正月だけではありません、数週間前のクリスマスの時もそうですが、世間が休日やイベントの時にも働いている人がいます。

そういう人がいるから世間の多くはクリスマスや正月を楽しむことができるのです。

多くの人が休んでいる時こそビジネスチャンスだと狙って働こうとする人もいるので全員が休みになれとは思いませんが、せめて休みたい人は休める環境になってほしいと願っています。

ツイッターで「正月 出勤」と調べると出るわ出るわ、休みたい人は休めるようになってこういうツイートが無くなるようにならないかな。

2017年は働き方が問われる

私がよく見ているイケダハヤトさんのブログで「2017年は「働き方の格差」が激しくなる。」という記事が新年になって公開されていました。

この記事にもある通り働き方を考えることが大切で、まさに働き方改革ですよ。

新年ゴミ捨て場を見て働き方について考えてみました。今年は自分の働き方も良くしていきます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。