夢ある仕事って何なの?って考えてみたよ!

公開日:  最終更新日:2017/04/08

もし、子供に自分の仕事について語ったら、はたして子供は自分の仕事に興味を持ってくれるのだろうか・・・?

そんなことを考えてしまいました。

そして、考えた末に思ったんですけど、おそらく興味は持ってもらえそうにないです。

・・・。

別に自分の仕事がダメとかではありませんが、興味を持ってくれるような魅力が特別あると思えないからです。

これは自分にも原因があります。

自分の仕事が大好きで、凄く楽しくて、自慢げに語れば、聞く側の子供だって「おっ!?」と思う可能性だってあります。

しかし、私は自分の仕事をそんな風には語れそうにないです。


photo credit: kjd via photopin cc

子供は将来の仕事に夢を持つべき!

子供の時って将来自分がどんな仕事するのか夢とか希望ありましたか?

私は小学2年生くらいまでは小説家になりたいと夢見ていましたが、その後は気づいたら将来なりたい職業とか無くて、ただ毎日を生きるような状態になりました。

もし大人の人が子供へ職業について話す機会があるのなら、子供には夢を持ってもらえるようなことを話したいじゃないですか。

そう思いませんか?

間違っても、大人が子供に「天職に就ける人は一部の人」なんて言ったらダメなんですよ!

なりたい職業ユーチューバー

以前、小学生の将来なりたい職業ランキングで3位がユーチューバーだったことが話題になっていました。

色々な意見がありましたが、やはり多かったのはユーチューバーという職業は不安定だから、小学生がユーチューバーに憧れるのはどうなんだ?というような意見でしたね。

私は、小学生のなりたい職業がユーチューバーでもそれは良いと考えています。きっとそういう時代なんですよ。

「ダメだった時にどうするの?」とか「大人なのに無責任だ!」とか言われてしまいそうですが、それはユーチューバーに限らずプロ野球選手だって同じでしょ?

子供で野球に熱中して甲子園を目指して将来的にはプロ野球選手になりたい子供は沢山いるでしょう。でも、結局プロ野球選手になれるのは全体のごく一握りです。

だからユーチューバーもプロ野球選手も子供が憧れて将来なりたい職業という点では同じだと考えています。

なりたい職業のランキングの上位に入ってくるということは、それだけ小学生にとってユーチューバーという職業に夢があるのでしょう。

「ユーチューバなんて職業は不安定だ!」と言う人もいるかもしれませんが、あなたの仕事はユーチューバーより夢のある仕事だと思ってもらえますか?

って自分の仕事について考えてみたんですよね。

自分も夢ある仕事で働いていたい

まあ今回こんなことを書いたのは、自分だって夢がある仕事で働いていたいと考えているからです。

そうでないと将来に希望を持って働けないですよね。

仕事って長く続ければ出来る仕事も増えて報酬も増えて良くなっていくべきだと思うのですが、長く続ければ続けるほど忙しくなっていくということもあります。

それって将来に希望は持てないですし、夢ある仕事だとも思えないですよね…。

そんなことを考えていたら、やっぱり仕事というのは将来に希望があって夢が持てないとダメなんだなーってね。思いましたよ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑