ネガティブな性格を変えるべきか?ポジティブになりたいか?

公開日: 

私はポジティブなタイプとネガティブなタイプのどちらかというと、ネガティブなタイプなので、この性格を「変えたいか・変えたくないか」どちらかというと変えたいです。

でも、自分の性格を変えるというのは簡単なことではありません・・・。

あなたは、私と同じようにネガティブな性格に悩み、直したいけど直せないって人ですか?

※これはディスっているわけではありませんからね!

ネガティブよりポジティブが良い

そもそも、ネガティブな性格とポジティブな性格はどちらが良いか?っていう話ですが、これは絶対にポジティブな性格の方が良いです。

私自身がネガティブなので、ポジティブな人が良く見えるというのもあるかもしれません!

いや、それだげはありません!やはり前向きで明るい人というのは暗い人と比べると、周囲から見て気持ちが良いものです。

周囲を前向きする力を持つポジティブな人

私もこれまで関わってきた人の中にはポジティブな人はいました。

中でも最もポジティブだったのが、高校生の時の同級生であるY君です。

友達は大切なことを学ばせてくれるので必要な存在ですで書いた、

『俺の首毛は首を守っている事件』とか自分の中では今でもK君の伝説です。ポジティブな人でないと考えられない発想ですよね!

K君と一緒にいる時に気づいたのですが、K君のようにポジティブな人といると、ネガティブな自分でも少し明るく前向きに物事を考えられることがありました。

これはK君の才能であって、周囲を前向きする力を持っていました。

ネガティブな人はポジティブな人と関わることで、明るい姿勢や、前向きな考え方をすることができます。

ネガティブな人はポジティブな人と関わると良いよ!

ポジティブな人の方が前進する

人生というのは、絶好調の時もあれば、絶不調の時もあります。

だから人生において波があるのは仕方ないことですが、調子がどうであれ、あなたは最終的に自分の人生を前進しなければなりません。

んで、自分の人生を前進するということを考えればネガティブな人よりポジティブな人の方が優れています。

「前向き」というのが強みであり、進めるかどうか分からないにせよ、前進しようとするのがポジティブな人です。

一方でネガティブな人は進めるかどうか悩んでしまい、前進しようとしないことだってあります。

このように考えると、ネガティブな人よりポジティブな人の方が優れています。

ネガティブな人にも強みがある!

ここまでポジティブな人のことを良く書いてきましたが、この記事を書いている私だってネガティブな人間です。

そろそろ、ネガティブ派の意見も書きましょう!

 

ネガティブな人はポジティブな人と比べて冷静です!他にはクールですね。
後は・・・、ん~・・・、もうない。

 
 

ダメです。やっぱりネガティブな人よりポジティブな人の方が圧倒的に魅力的に感じてしまいます!

ジャンプ
photo credit: Martin Gommel via photopin cc

変われる余地がある

自分の性格を変えることって凄く難しいですけど、人の性格なんていうのはコロッと変わってしまうものです。

凄く明るくて元気だった人が、精神的に病んでしまい以前とは別人のように・・・。(まあこれは性格が変わるというより状態が変わっただけとも言えますね。)

何が言いたいかというと、人って変わろうと思ったら変われるんです!

だから、私と同じでネガティブなあなたも自分がポジティブになりたいと思ったら変わることはできます。

私は人にアドバイスするときに「余地がある」という表現をよく使います。

ポジティブ度80の人がポジティブ度100になっても20しか上がっていませんよね、でもポジティブ度20の私達がポジティブ度80になったらどうですか?

追いついただけじゃありませんよ。20しか上がらなかった人と比べ、私達は60も上がっていますよ!3倍です!

ネガティブはポジティブより魅力ありませんが、ネガティブはポジティブより余地があります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑