「レパードステークス」傾向とデータを徹底分析

公開日: 

新潟競馬場のダート1800mで行われるG3レース。

2009年に新設された3歳馬限定競走で、国際競争なので外国馬が出走可能であり、地方競馬所属馬も3頭まで出走可能です。

過去データより傾向とデータを徹底分析してみました。

随時更新していく予定なので予想の参考にして下さい。

1番人気の馬が強い

1番人気の成績です。

2009年 1着 トランセンド
2010年 3着 ソリタリーキング
2011年 1着 ボレアス
2012年 3着 イジゲン
2013年 1着 インカンテーション
2014年 1着 アジアエクスプレス
2015年 1着 クロスクリーガー
2016年 2着 ケイティブレイブ

1番人気の成績は「5-1-2-0」と第1回開催から3着以内は外していません。

これまでの傾向としては荒れにくいレースというイメージがあります。

理由としては、夏競馬に行われるダート3歳限定戦なので、過去の対戦で力関係はハッキリしていて、新潟ダート1800コースは馬の能力がそのまま反映されやすいコースだからです。

内枠の成績が悪い

馬番別の成績です。

【2009年~2016年】

1番 0-0-1-7 勝率:0.0% 複勝率:12.5%
2番 0-0-1-7 勝率:0.0% 複勝率:12.5%
3番 0-1-0-7 勝率:0.0% 複勝率:12.5%
4番 0-1-1-6 勝率:0.0% 複勝率:25.0%
5番 1-2-0-5 勝率:12.5% 複勝率:37.5%
6番 1-0-2-5 勝率:12.5% 複勝率:37.5%
7番 1-1-0-6 勝率:12.5% 複勝率:25.0%
8番 0-0-0-8 勝率:0.0% 複勝率:0.0%
9番 1-1-0-6 勝率:12.5% 複勝率:25.0%
10番 1-0-1-6 勝率:12.5% 複勝率:25.0%
11番 1-0-1-6 勝率:12.5% 複勝率:25.0%
12番 1-1-0-6 勝率:12.5% 複勝率:25.0%
13番 1-0-1-6 勝率:12.5% 複勝率:25.0%
14番 0-1-0-5 勝率:0.0% 複勝率:16.7%
15番 0-0-0-5 勝率:0.0% 複勝率:0.0%

内枠と外枠は成績が悪くて中枠の成績が良いです。

前走ジャパンダートダービー組が強い

勝ち馬の前走レースを調べてみました。

  • ジャパンダートダービー:4勝
  • ⇒ミラクルレジェンド(2010年)、ボレアス(2011年)、ホッコータルマエ(2012年)、クロスクリーアー(2015年)

  • ユニコーンステークス:2勝
  • ⇒アジアエクスプレス(2014年)、グレンツェント(2016年)

  • 1000万クラス:2勝
  • ⇒トランセンド(2011年)、インカンテーション(2013年)、

ジャパンダートダービー組が強いですね。

ユニコーンステークスはダート左回りコースという点では、レパードステークスと同じですが、東京コースに比べて新潟コースの方がコーナーが急です。

そのため、同じ左回りダートコースだから直結するという点ではなさそうです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑