札幌ダート1700mコースで狙える血統を調べてみた

公開日: 

札幌ダート1700mコースの血統傾向を調べてみました。

9月の1週まで続く札幌開催なので予想時の参考にでもして下さい。

種牡馬別で出走回数50レース以上を対象に集計しました。
集計期間は2010年1月1日~2014年8月2日です。

【札幌ダート1700m種牡馬別成績 集計期間:2010/01/01~2014/08/02】
札幌ダート1700m種牡馬別出走回数順2010-20140801

狙いたい種牡馬は「シンボリクリスエス」と「ゴールドアリュール」の2頭です。

まずシンボリクリスエスは98戦15勝と勝利数はトップで勝率15.3%はとても良い数値です。しかし単勝回収率は61%なのでシンボリクリスエス産駒だからと言って無条件に買いとはなりません。

シンボリクリスエス産駒ということで予想の着眼点になれば面白い存在だと思いますので注目して見て下さい。

次にゴールドアリュール産駒ですが、単勝回収率168%、複勝回収率128%と文句ない成績です。出走回数72回なのでシンボリクリスエスより母数は少ないですが傾向を取るには十分な数だと思っています。

基本的にダートでは狙えるゴールドアリュール産駒ですが、札幌ダート1700mでは複勝率43.1%なので人気薄でも簡単に切るのではなく抑えとして3着以内の可能性を予想したいですね。



ご愛読ありがとうございます!

よければシェアとツイッターのフォローもよろしくお願い致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加