【回顧】2014年10月11日東京6Rワイルドコットン(自分の予想反省あり)

公開日: 

2014年10月11日東京6Rワイルドコットン(1着)の回顧です。

勝負レースにはしませでしたが、この日一番自信のあった本命馬でした。遊びで買った複勝は的中です。(単勝にすればよかったー)

20141011東京6Rワイルドコットン

回顧ですが、率直な感想は「完璧」です。戸崎騎手がリーディング上位にいる理由がハッキリとわかったレースでした。

スタート上手で外枠からスッと先行集団に取り付きました。道中は戸崎騎手が周りをチラチラと見てタイミングを気にしているように見えました。

直線に入ってからは追い出すタイミングをじっくり待ち追い出すとワイルドコットンもそれに応え見事な末脚で完勝です。

3歳で上のクラスでも十分期待できる素質の馬だと思っています。

個人的な反省

ここからは個人的なことですがワイルドコットンを勝負レースにできなかったことを反省ています。

「少頭数レース」は単勝・複勝スタイルの予想理論と合っているで書いた通り私の勝負レース選定で少頭数レースを意識しています。

今回は16頭レースで予想した結果本命にする可能性があった馬はワイルドコットン、ノウレッジの2頭でした。2頭以外は評価として切ったとは言え3着以内の可能性がゼロではありません。

そう考えると頭数が増えるほど本命馬が馬券にならない可能性は高くなると思うんですよね。

ん~こういう自信のある馬だけど出走頭数が多い場面は改めて考え直さないといけないですね。反省します。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。