血統予想家@takuzikunが考える今週末の福島芝1200M考察

公開日: 

以前、「馬券の売り方」について若き競馬ファン二人で対談してみました で対談した@takuzikunさんから寄稿頂きましたのでご紹介します。

内容は今週末(2014年11月15日、16日)の福島芝1200mについてです。

【寄稿】福島芝1200M考察

今週末15日、16日の福島競馬は雨により重い馬場での開催が予測される。過去5年の稍重、重、不良馬場による結果より血統的な傾向を考察する。計48レースが行われ725頭が出走している条件なのである程度の傾向が表れるのではなかろうか。

勝利数順を見てみるとサクラバクシンオー、アドマイヤマックス、スウェプトオーヴァーボード、キングカメハメハ、クロフネ、アドマイヤムーン、マイネルラヴ、アグネスデジタルと続く。

短距離の芝1200Mという事でサクラバクシンオーの勝利数が上位である事に何ら不思議はないが、出走数は2 4位のそれぞれの種牡馬と比較すると倍であり数が齎した結果だともいえ、実際に単勝回収率と複勝回収率をみると36%、72%の共に期待値を下回る結果となっている。

単勝回収率が100%を超える種牡馬を勝利数上位から並べてみるとアドマイヤマックス、スウェプトオーヴァーボード、キングカメハメハ、クロフネ、マイネルラヴ、アグネスデジタルとなっている。ここであげた結果は全て10回以上の出走があるのである程度の信用が出来る。

アドマイヤマックス、クロフネを除く4頭の共通点は皆Mr.Prospector系の種牡馬。道悪の福島芝1200Mでの父Mr.Prospector系の馬というのは要チェックだろう。

ローカル開催は実力の抜けた馬の出走も少なく、実力不足の馬でも適性で好走出来る可能性が高まるので今週の道悪競馬ではしっかりと適性の有無を確認したい。

寄稿を頂いた私の感想

@takuzikunさんとは競馬を通じて長い付き合いですが血統に関する知識は豊富でいつも勉強させて頂いています。今回の内容も血統から導き出した傾向で福島芝1200mは血統予想家が好むようなコースなので期待しています。

ハードルを上げてしまいましたが良い結果になると嬉しいです。賛同できる方は参考にしてみて下さい。@takuzikunさんには終わった後の感想も寄稿して頂きたいですね(笑)



ご愛読ありがとうございます!

よければシェアとツイッターのフォローもよろしくお願い致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加