京都芝2400mでディープインパクト産駒は母父ロベルト系を狙う

公開日: 

京都芝2400mでディープインパクト産駒を狙うなら、母父はロベルト系の種牡馬がオススメです。

直近4年の成績

まずは京都芝2400mで出走したディープインパクト産駒を対象に、母父の系統ごとに分類をしてみました。

そこで出走回数が6回以上を対象にすると次のような成績です。(10回以上にすると対象が少ないので中途半端ですが6回以上です)

【集計期間2012/01/15~2015/11/14)
2012-20151114京都芝2400mディープインパクト産駒

出走回数ではミスタープロスペクター系、ロベルト系、ノーザンダンサー系が10回以上で、これだけだと少ないと思い6回以上のナスルーラ系、トニービン系も比較対象に加えました。

ロベルト系が好成績

表を見ると分かりますが、ロベルト系の成績が抜群に良いです。

2012年4月21日京都9Rムーニーバレーレーシングクラブ賞では、1着~4着がディープインパクト産駒で、内3着馬を除いた3頭が母父ロベルト系でした。

約4年間で出走回数は10回なので機会は少ないですが、勝率30%で複勝率70%は魅力的です。単勝回収率と複勝回収率もしっかり100%を超えているのでこれまでの傾向なら買い続ければ儲かる馬です。

将来的には父ディープインパクト×母父スクリーンヒーローなんて馬が出てきて、ともにジャパンカップを勝っている経験もあり長距離適正も受け継がれ京都芝2400mで大活躍するかもしれませんね。



ご愛読ありがとうございます!

よければシェアとツイッターのフォローもよろしくお願い致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加