「骨の貴公子、風読みの少年・ゼル、ライトニングブラスト」カード能力とコストの変更

公開日: 

一番ハマっているスマホゲームの「シャドウバース」で明日(5月23日)にメンテナンスが行われ一部カードの能力が修正されます。

修正されるカードは次の通りです。

5月23日に予定しておりますメンテナンス時に、以下の変更を行います。

・ネクロマンサークラスのシルバーレア《骨の貴公子》のコストを3から4に変更

・ドラゴンクラスのシルバーレア《風読みの少年・ゼル》のコストを2から4に変更
・攻撃力を2(進化後4)から3(進化後5)に変更
・体力を2(進化後4)から4(進化後6)に変更

・ドラゴンクラスのシルバーレア《ライトニングブラスト》の「エンハンス 10; 相手のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを消滅させる」能力を削除

 

5月23日メンテナンス時のカード能力とコストの変更について(5月22日 20:25 追記)より引用

さて思うことを書きましょう!

ドラゴンは減ると思う

まず「風読みの少年・ゼル」のコストが2⇒4になったことで、ウロボロスとのコンボは不可になり、サハクィエルからのバハムートまたはイスラフィールのコンボも不可になります。

この「風読みの少年・ゼル」を使ったコンボは最後のフィニッシュに使ったりと今のドラゴンデッキには欠かせない選択肢だったので、ドラゴンクラスには大ダメージでしょう。

おそらく今後は「騎竜兵」を使って「風読みの少年・ゼル」のコストを4⇒2に落としておいて、今まで通り使う感じですかね?

次に「ライトニングブラスト」ですが、このカードを使う場面はエンハンス10で使うことが多かったので、エンハンス効果が無くなると一気に使われなくなる気がします。

ザックリとした意見ですが、エンハンス効果無いなら重宝されないという感じです。

ネクロはまだ残るかな

「骨の貴公子」はコストが3⇒4になったとしても、今まで3ターン目に出していたのが4ターン目になるだけです。

今までの理想は「1コストフォロワー⇒2コストフォロワー⇒骨の貴公子」が理想的な動きでしたが、正直そうならない時も多かったです。

他の展開としては、3ターン目にボーンキマイラ⇒4ターン目に骨の貴公子でも十分強いです。

そのため、確かに「骨の貴公子」の能力は落ちますがドラゴンとは違ってネクロマンサーは今まで通り使われると予想しています。

対策はネクロに絞って、後は何と2強になるか?

ここまでは発表された情報を見た時にパッと思ったことを書きました。

今後どうするかですが、前にも書いた通りで「ドラゴンは減ってネクロマンサーはまだ残る」というのが私の予想です。

その代わりに使われやすくなるデッキは何かまでは分かりませんが、ドロシーウィッチかイージスビショップではないかと予想しています。

今まではドラゴンとネクロマンサーの2強時代でした。

ドラゴンとネクロマンサーの両方に通用する戦法って少なかったのすが、これがネクロマンサー1強時代になれば対策は結構楽になります。

ネクロマンサー1強時代になるかは分からないですが、まだ残ると思うので対策するのは有効だと考えています。

「神々の騒嵐」が出る前までは「ドロシーウィッチ」と「OTKエルフ」の2強だったように、ネクロマンサーは残りつつ何か他のクラスが入ってきて2強みたいな感じになりそうですけどね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。