100円の馬券を買う時でも2億円の馬券を買っていると意識する

公開日: 

皆さんは「カイジ」という漫画をご存じですか?映画にもなりましたがギャンブルをテーマとした漫画です。

お話の中で2億円を賭けてトランプで勝負をするという場面があります。2億円という金額は一般的なサラリーマンが生涯働いて得る収入と同じ金額に近いです。つまり2億円の勝負というのは人生を賭けた大勝負ということです。

人生を賭けた勝負したことありますか?恐ろしいですね。

お金お札

競馬で馬券を買う時の金額は人それぞれだと思いますが自分に適した金額を超えて馬券を買う時は心理的に不安定になります。100円の馬券を買う時と100万円の馬券を買う時は違いますよね?

時々、大金を賭けても平常心を保っている超人もいますがごく稀です。私の身近に一人そういう超人的なタイプの人がいますがそういう人をギャンブラーと言うのかもしれませんね。

もし2億円の馬券を買わないといけない状況になったらどうしますか?いつもなら簡単に当てれる馬券が余計な考えや弱気な考えが邪魔をして目の前にある勝負に平常心で向き合うことは難しいはずです。

この考えを常に意識することが馬券で勝つためには大切だと私は思っています。多くの競馬ファンは生活に支障のない金額で馬券を買っています。そのため「外れても大丈夫」という考えが頭の片隅にあるはずです。でもそれではいけません。

勝ちたいなら「外れても大丈夫」ではなく「この予想は外れない」くらいの意気込みで馬券を買うべきだと思いますね。もし2億を賭けた一発勝負ならば少しでも不安があれば勝負を見送るでしょう?

例え100円の馬券を買う時でも2億の勝負だと意識して取り組むことで結果に限らず意識しないで買うより得る物は多いと思いますね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。