「近キョリ恋愛」を読んで思った。人の個性を否定するような考えは違うと思う。

公開日:  最終更新日:2014/09/27

生徒と教師の恋愛をどう思いますか?私は生徒と教師の恋愛に賛成派です。別にいいじゃないですか。

近キョリ恋愛というマンガを読んで教師と生徒が恋愛しても良いだろうと思いました。

近キョリ恋愛

近キョリ恋愛というマンガは教師と生徒の恋愛を描いた内容です。昔同じような内容のドラマがありましたよね。

教師と生徒の恋愛の何が悪いんですかね?それを反対する理由もあると思いますがそれでも別にいいんじゃないってのが私の気持ちです。この気持ちは恋愛に限ったことではありません。

例えば私は男ですが女として生きたいと思えば別に女として生きても良いですよね。今の仕事に責任はありますが辛く辞めたくなったら辞めても良いですよね。その人の個性を否定するような考えがよく分かりません。

私は大人になり辛い出来事があってから「その人の個性」というのを強く尊敬するようになりました。それが必ずしも正しくない時もあると思いますが否定する人ではなく理解する人でいたい。

「反対する人がいるかもしれないけどそういう考えもあるよね。」

誰かを否定することも人の自由で権利ですが否定することによって苦しめる時だってあります。

安易な否定ならするなよ…。否定していいのは考え考え考え抜いた結果賛成できない時だけです。少しでも賛同できるなら理解者になるべきです。

そうすれば人を救えることだってできる。

精神的な強さは人それぞれで基本的には弱いです。だからこそ否定ではなく理解者になることでより良い世界になるかもしれないと私は考えています。

マンガを読んでこんな考えてみました。私のこういう考えに全く賛同する部分は無いと思う方は否定して頂いて構いません。そういう覚悟で書いていますから。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。