ブラックタイド産駒は早熟なのか2歳戦での活躍が目立つ

公開日: 

どうも、@tanesho42です。

種牡馬ブラックタイドについて調べていて分かったことがあるので記録として残しておきます。

早熟なのか2歳戦の活躍が目立つ

ブラックタイド産駒の成績を調べてみました。

集計期間は2012年6月2日~2015年3月8日です。

ブラックタイド産駒年齢別成績120602-150308

ブラックタイド産駒は2012年からデビューしていますので5歳としてレースするのは今年からです。そのため5歳は母数が11と少ないので参考外として頂いても構いません。

2歳~4歳の成績を見ると勝率は2歳馬が7.3%と3歳、4歳と比べると好成績です。

複勝率は年齢別にそれほど差はありません。

この結果から読み取れるのは、ブラックタイド産駒は2歳戦での勝率が高いことから完成度が早い早熟タイプが多いという仮説が立てれます。

2014年ホープフルステークスはコメートが8番人気2着と惜しい競馬でした、今年以降2歳戦でのブラックタイド産駒は軽視できない存在になるかもしれません。

3歳、4歳も今年そして来年になれば出走頭数も増えるのでまた何年か先に集計して比較してみます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。