ラジオNIKKEI賞は血統で活躍が目立つサンデーサイレンス系に注目

公開日: 

こんにちは@tanesho42です。

今週の競馬は日曜日に「ラジオNIKKEI賞(G3)」ですね。
このレースで昨年はミエノワンダーに期待したのですが11着と大敗…。

上位3着の馬を見て思ったことがあります。
2013年ラジオNIKKEI賞の上位3着馬は次の通りです。

1着ケイアイチョウサン(父ステイゴールド)
2着カシノピカチュウ(父スターチュオブリバティ)
3着アドマイヤドバイ(父アドマイヤムーン)

父を見るとサンデー系、ノーザンダンサー系、ミスタープロスペクター系。
キレイにバラバラな馬が上位に入ったと思い過去を調べてみました。

集計期間:2008年~2013年ラジオNIKKEI賞3着までの種牡馬別成績
※2011年は中山開催だったため集計外

ラジオNIKKEI賞(福島開催)血統2008-2013

黄色がサンデーサイレンス系の種牡馬です。
過去5年勝ち馬の種牡馬は異なりますが全てサンデーサイレンス系です。
2着までを見ても昨年カシノピカチュウを除けば全てサンデーサイレンス系。

正直これには驚きました。

福島コースなのでサンデーサイレンス系以外の活躍を
予想していただけにここまでハッキリとした傾向とは…。

今年はどうなるのでしょう。
近5年の傾向からサンデーサイレンス系なのか?
それとも昨年のように傾向は変わりつつあるのか?

個人的にはサンデーサイレンス系で馬連買ってみたいです。

参考までによろしくお願い致します。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。