自分の馬券スタイルを簡単に変えない。貫くことが上達への道。

公開日: 

馬券を買うということは当たる時もあれば外れる時もあるのが普通だと私は考えています。

私の身近に思うように馬券が当たらず不調の方がいました。私はその方に「流れもあるから1日の結果で決めつけないこと」というアドバイスを送りました。

外れる時があって当たり前なので不調というのも短期的に見た一部でしかないのです。当て続けることは神の領域で的中率100%を目指すことは無謀なのです。

競馬で勝つということは当たりと外れを繰り返して最終的に利益を出して終えることです。

当たりと外れを繰り返すということは短期間で見れば負けが続く時期だってあるはず。逆に勝ちが続く時期もきっとくるはずです。

それを理解したうえで大切なことは「自分のスタンスを崩さない」ということです。Twitterでフォローしている方が次のようなツイートをしていました。

同感です。

外れる時期が続いても自分の馬券スタイルを信じてブレないことが大切です。私の場合は現時点で馬券スタイルは「単勝・複勝の本命党」を信じて貫いています。

勝負事に運は付き物だと考えています。運が良ければ勝つことだってあると思っています。よく運が良い時のことを「ツキがある」と言いますよね?こういう時こそ勝負するべきです。

ツキがある時に勝負してツキがない時に勝負を控えることができれば馬券成績は良くなります。その判断は難しいですけどね、「ツキの法則―「賭け方」と「勝敗」の科学」という書籍などは参考になりますよ。

長々と書きましたが「数回の外れで自分の馬券スタイルを変えるな!」ということを言いたかったです。まずは自分の馬券スタイルをしっかりと考えて後はそれを信じて勝負を続けれることです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。