イベントでズル(不正行為)して前に出る子供に育てたくない

公開日:  最終更新日:2016/06/09

昨日、イオンモール浦和美園でサッカーチーム浦和レッズの選手によるトークショーイベントが行われました。

そのイベントの中で全員参加のジャンケン大会がありました。ステージの選手と全員でジャンケンして最後まで勝ち残った人に豪華賞品という内容でした。

ズル(不正行為)をする子供達

ジャンケン大会はその場にいる全員が参加できて選手とのジャンケンで勝った人だけ手を上げ続けるようなルールでした。

私は1回戦で負けたのですぐ手を下したのですが、近くの子供は後出しのような感じでズル(不正行為)をしていました。

後出しに負けたのに手を下ろさず続けたり・・・。確かにズルをしようと思えば簡単にできる状況でした。特に監視する人がいたわけでもなく、その子供達も軽い気持ちでやったのでしょう。

ズルが通用するのは今だけだよ

大人としてその場で注意するべきだったのかもしれません。でも自分が目撃しただけで証拠も無かったので特に何も言わずに。(これは自分が悪いですね。ごめんなさい。)

この世の中を生きていくために「ズル賢さ」はある程度必要だと思います。でも、「ズル」と「ズル賢さ」は違いますからね。

その子達に限らず現代の子達に知ってほしいですけど、ズルが通用するのは子供である今だけです。

これからもズルを続けていれば必ず痛い目にあうからな。

ズルする子供に育てたくない

自分はまだ子供がいませんが将来子育てをする時に今回の経験を活かしたいです。

ズル賢さはある程度必要だと書きましたが世渡り上手という意味であって、人として一番良いのは謙虚で素直な子であることです。

だからズルする子供には育てたくないです。

今回イベントでズルした子達の親もズルする子に育てたつもりはないだろうし自分の子供がズルをしているとは思っていないはずです。

つまり、それくらい子育ては難しいことなのです。

浦和レッズのイベントで色々考えさせられました。でもイベント自体は凄く楽しかったです。

浦和美園レッズトークショー

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。