サッカー日本代表はどうすれば強くなるのか?ポイントは3つ

公開日: 

私はごく普通のサッカーファンです。

そんな私ですがサッカーが好きなので、サッカー日本代表はどうすれば強くなれるのか考えてみました。

すると3つのポイントがあったので書きます。

(一応保険ですが、私はごく普通のサッカーファンですからね(笑))

子供がサッカー

世界に通用するディフェンダー

日本も海外でプレーする選手が凄く増えました。

一昔前の中田、中村、小野、稲本という海外組四人による黄金のカルテットが懐かしいですね。

本田はACミラン、香川はドルトムント(以前はあのマンチェスターユナイテッド)、岡崎はプレミアリーグ首位のレスターなどなど。

日本代表の攻撃的選手は昔と比べると贅沢すぎるくらいタレントが豊富になりましたが、課題はディフェンダーです。

それも、特にセンターバックです。

吉田麻也がプレミアリーグのサウサンプトンというチームでプレーしていますが他にいませんよね?

ビッグクラブで活躍する日本人ディフェンダーが必要だ、首位を走るようなチームでプレーする日本人ディフェンダーが必要だと思います。

攻撃的な選手と比べ守備的な選手は日本人ということで厳しい点もあり、日本人としての体格とか、幼い頃から激しいマッチアップが必要だとか、環境による問題も少しはあるかと。

サイドを突破できる選手

ハリルホジッチ監督のシステムで多いのがフォワードを三枚並べて両端の選手がサイドに張るスタイルです。

そのサイドのポジションに世界的選手で例えるなら、クリスティアーノ・ロナウドとかロッベンのように一人でも切り込めるような選手が必要だと私は感じています。

これまでの試合を見ていると、パスを使ったワンツーで崩してサイド深くまで入り込むシーンを何度か見たことがありました。実に日本サッカーらしい攻撃の方法です。

でも、例えばサイドバックの選手がボールを持った時に、相手選手がプレッシャー来る前に少し下がったサイドの選手に預ける。

サイドの選手は預かったらキープするなり、相手ディフェンダーを一人抜くなり状況に応じた選択をしている間にディフェンスラインから全体が押し上げてビルドアップする。

このように、ゴールに繋がる切り崩しだけではなく、これから攻撃を始めるための起点部分で活かせるサイドを突破できる選手が必要です。

切り札となる控え選手

相手の監督に日本のベンチには「あいつ」がいると思わせることができるような選手が欲しい。

切り札になる選手というのは、必然的に攻撃的な選手になってしまうのですが最後の切り札となるジョーカー的な選手が日本には必要です。

個人的に一番切り札になりそうな印象のある選手はサンフレッチェ広島の浅野です。

スピードがあり相手ディフェンダーの裏に抜けるのが上手いので、一本パスを放り込んで裏のスペースを使えることを相手に見せたら、相手ディフェンスはラインを高く保てなくなり、それだけで相手からすれば存在が怖いですよね。

他にはゴール枠内に確実なミドルシュートが打てる選手も欲しいです。そういう意味では、FC東京の中島には期待ですね。

以上。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。