的場文男が地方通算7000勝!継続するって凄いわ

公開日: 

大井競馬場所属の的場文男騎手が、2017年5月17日川崎11R「川崎マイラーズ」をアライズリンクス(牡7歳)で勝利して地方競馬通算7000勝を達成しました。

ヤバいです、とても凄いです!

記録を達成しました。

2012日本テレビ盃_的場文男騎手

的場文男騎手の画像を探してみると、2012年9月26日船橋競馬場で撮影した写真がありました。

地方競馬史上2人目の快挙

過去には「川崎の鉄人」という愛称を持つ、佐々木竹見騎手が通算7000勝を達成していますので、的場文男騎手は地方競馬史上2人の快挙ということになります。

ちなみに地方競馬通算勝利数は、佐々木竹見騎手が7151勝で1位、的場文男騎手が7000勝で2位となっています。

しかし、的場文男騎手の近年の成績は次の通り。

  • 2016年 131勝
  • 2015年 145勝
  • 2014年 134勝
  • 2013年 149勝
  • 2012年 155勝
  • 2011年 141勝
  • 2010年 198勝
  • 2009年 208勝
  • 2008年 264勝
  • 2007年 203勝

直近10年の成績ですが毎年100勝越えです。

1985年から2016年まで32年連続で100勝以上を達成しています。

やっぱり人間なら調子の良い時もあれば、悪い時もあるので、毎年しっかり結果を残していることは凄くて、プロですよね!

年齢による衰えは無視できませんが、近年の勝利数を考えれば、佐々木竹見騎手を抜いて1位になるのも時間の問題のような気もします。

継続の凄さを改めて痛感した

今回の的場文男騎手の記録を知って自分が感じたことは「継続って凄い」ということです。

騎手という仕事だから競馬のレースに出場して勝つのは当たり前のようですが、7000勝は当たり前だけでは達成できません。

7000勝という記録は数年頑張れば達成できるようなことではなく、デビューした時から残してきた結果の積み重ねが今の記録です。

数多く勝負の場に立って、数多く勝った経験から得たものは、自信と名誉、その他にも沢山あるでしょうね。

続けるって凄い!

自分も好きで続けていることがいくつかあります。

中には「もうやめようかな」って考えてしまうこともあるのですが、やめたらそこで終わりです。

あきらめたら、そこで試合終了ですよ・・・?

スラムダンク安西先生の名言ですね、好きだからこそ続けられるというのは武器になります。

今回の的場文男騎手の記録達成を知り、自分が今好きで頑張っていることをこれからも続けようとモチベーション上がりました!

参考:休んだら負けだよ、勝負の場に立ち続けること!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。