皐月賞の血統傾向を分析した結果

公開日: 

皐月賞の過去レースより血統傾向を分析していきます。

よければ予想の参考にして下さい!

皐月賞の血統傾向(過去5年)

過去5年の桜花賞で3着以内に入った馬の種牡馬系統を『父馬×母父馬』で表記しています。

※血統系統の色分けは私が使っている配色なのでご了承ください。

 

【2017年】
1着(9番人気)アルアイン
 サンデー系×ボールドルーラー系
2着(4人気)ペルシアンナイト
 ダンチヒ系×サンデー系
3着(12番人気)ダンビュライト
 キングマンボ系×サンデー系

【2016年】
1着(8番人気)ディーマジェスティ
 サンデー系×ロベルト系
2着(3番人気)マカヒキ
 サンデー系×ヴァイスリージェント系
3着(1番人気)サトノダイヤモンド
 サンデー系×ダンチヒ系

【2015年】
1着(3番人気)ドゥラメンテ
 キングマンボ系×サンデー系
2着(2番人気)リアルスティール
 サンデー系×ストームキャット系
3着(4番人気)コンテッサトゥーレ
 サンデー系×サクラバクシンオー系

【2014年】
1着(2番人気)イスラボニータ
 サンデー系×カロ系
2着(1番人気)トゥザワールド
 キングマンボ系×サンデー系
3着(8番人気)ウインフルブルーム
 サンデー系×プリンスリーギフト系

【2013年】
1着(1番人気)ロゴタイプ
 サドラー系×サドラー系
2着(2番人気)エピファネイア
 ロベルト系×サンデー系
3着(3番人気)コディーノ
 キングマンボ系×サンデー系

 

皐月賞の血統傾向を分析

2013年にロゴタイプが勝って以降は1番人気が勝てていませんし、穴馬が好走するなど難しいという印象が強い最近の皐月賞です。

まあサンデー系は文句なしで好走をしています。

過去5年を見ても父か母父のどちらかはサンデー系であり名種牡馬サンデーサイレンスから受け継いだスピードが求められるのが皐月賞です。

 

サンデー系とすると対象が広くなりますが、登場している種牡馬としてはサンデーサイレンス、ディープインパクト、ブラックタイド、スペシャルウィークがいます。

共通点としてはサンデーサイレンスとノーザンダンサー系種牡馬の配合ということでしょうか。

例えば、2017年2番人気だったスワーヴリチャード(6着)はハーツクライ産駒なのですが、ハーツクライは父サンデーサイレンス×母父トニービンです。

2014年4番人気だったワンアンドオンリー(4着)も父ハーツクライでしたね

 

後はキングマンボ系、ダンチヒ系、ロベルト系などの米国血統が目立つのも気になりますね。

 



中山芝2000mで成績の良い種牡馬

中山芝2000mコースで成績が良い種牡馬も調べてみました。

勝利数の多い順に下記のような成績となっていますので合わせて参考にして下さい。

【集計期間:2015/01/01~2018/04/06】

1位:ディープインパクト産駒(サンデー系)
⇒成績28-17-17-117 勝率16% 複勝率35%

2位:ステイゴールド産駒(サンデー系)
⇒成績18-16-22-144 勝率9% 複勝率28%

3位:ハーツクライ産駒(サンデー系)
⇒成績15-12-12-107 勝率10% 複勝率27%

4位:ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)
⇒成績13-13-11-102 勝率9% 複勝率27%

5位:キングカメハメハ産駒(キングマンボ系)
⇒成績12-11-13-72 勝率11% 複勝率33%

 

▼血統を勉強したい人向けの書籍

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。