スプリングSの血統傾向を調査した結果

公開日:  最終更新日:2018/03/17

スプリングステークスの過去レースより血統傾向を分析していきます。

よければ予想の参考にして下さい!

過去5年の血統傾向

過去5年のスプリングステークスで3着以内に入った馬の種牡馬系統を『父馬×母父馬』で表記しています。

※血統系統の色分けは私が使っている配色なのでご了承ください。

 

【2017年】
1着(5番人気)ウインブラスト
 サンデー系×カロ系
2着(2番人気)アウトライアーズ
 サンデー系×ヴァイスリージェント系
3着(6番人気)プラチナヴォイス
 ミスタープロスペクター系×サンデー系

【2016年】
1着(4番人気)マウントロブソン
 サンデー系×ミスタープロスペクター系
2着(5番人気)マイネルハニー
 サンデー系×ロベルト系
3着(1番人気)ロードクエスト
 サンデー系×ダンチヒ系

【2015年】
1着(5番人気)キタサンブラック
 サンデー系×サクラバクシンオー系
2着(1番人気)リアルスティール
 サンデー系×ストームキャット系
3着(2番人気)ダノンプラチナ
 サンデー系×ミスタープロスペクター系

【2014年】
1着(3番人気)ロサギガンティア
 サンデー系×ボールドルーラー系
2着(1番人気)アジアエクスプレス
 ストームキャット系×カロ系
3着(4番人気)クラリティシチー
 ロベルト系×サンデー系

【2013年】
1着(1番人気)ロゴタイプ
 サドラーズウェルズ系×サンデー系
2着(3番人気)タマモベストプレイ
 サンデー系×ノーザンダンサー系系
3着(11番人気)マイネルホウオウ
 サンデー系×ヴァイスリージェント系
 

血統傾向を分析

サンデーサイレンス系の活躍は目立ちますね、毎年馬券に絡んでいます。

まあサンデーサイレンス系で絞り込むと該当馬が多いので、さらに絞り込むための何か条件が必要ですね。

ミスタープロスペクター系、ヴァイスリージェント系、ダンチヒ系とダートで活躍する種牡馬が入っている点が気になります。

 



中山芝1800mで成績の良い種牡馬

中山芝1800mの種牡馬成績を調べてみました。

勝利数の多い順に下記のような成績となっています。

【集計期間:2015/01/01~2018/03/04】

1位:ディープインパクト産駒(サンデー系)
 ⇒成績21-7-16-86 勝率16% 複勝率34%

2位:ステイゴールド産駒(サンデー系)
 ⇒成績9-16-6-63 勝率10% 複勝率33%

3位:ハーツクライ産駒(サンデー系)
 ⇒成績9-6-4-56 勝率12% 複勝率25%

4位:キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
 ⇒成績7-4-7-52 勝率10% 複勝率26%

5位:ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)
 ⇒成績6-0-7-47 勝率10% 複勝率22%

 

ディープインパクト産駒が強い

勝利数でいえばディープインパクト産駒が圧倒的な強さです。

ちなみに年別の成績を見ても安定して、どこか特定の年だけ勝利数が多いという偏りはありません。

・2018年:2勝(2-0-1-8)
・2017年:6勝(6-2-7-29)
・2016年:8勝(8-3-4-27)
・2015年:5勝(5-2-4-22)

まあディープインパクト産駒はそれだけで馬の能力が高い可能性はありますが、過去成績を残している実績があるという点は参考になります。

 

▼血統を勉強したい人向けの書籍

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。