飲み会を断りたいけど断れない自分が嫌だ

公開日: 

会社員(サラリーマン)として働いていると、悩みの種となるのが飲み会です!

飲み会の文化というのは職場によって様々ですが、ワイワイするような場が苦手な人は飲み会なんて地獄でしょうね。

私も飲み会が苦手な側の人間なので、飲み会で悩む人の気持ちはよく分かります。

「飲み会も仕事の内だろう!」という人もいますが、それは違うだろうと私は思いますけどね。

飲み会は仕事なのか?

飲み会乾杯

そもそも飲み会は仕事なのか?についてハッキリさせたいですが、飲み会は仕事ではありません。

仕事ではありませんが、人間関係をより良くするためには大切なことです。

 

私は飲み会への参加具合で人の評価を変えるようなことはしませんが、飲み会への参加具合で評価を変える人もいます。

飲み会へ積極的に参加している人の方が人付き合いが良い感じしますからね。

 

労働規約で飲み会も仕事と記載があれば仕方ないですが、そんな労働規約も希です。

つまり、飲み会は仕事ではないため断っても構いませんが、人付き合いを考えて参加するべき飲み会は参加した方がいいです。

 

自分が参加したいかどうかが大切

前にも書いた通り私は飲み会が嫌いです。

だから基本的には断りますが、参加したい(するべき)と思った飲み会は参加します。

例えば、歓送迎会だったり、気を使わなくて良いメンバーの時だったりです。

 

自分が参加したいと思う飲み会に参加すること!これが大切です。

参加したくない飲み会に参加することになるから、自分の時間が失われ不満を感じることになります。

 

自分の時間を失うリスク

時間を大切にする

私は飲み会を断ること罪悪感を感じます。

自由参加なら断るのも問題ないのですが、やっぱり何か申し訳ないと思ってしまいます。

 

特に自分だけ欠席の場合などは凄く罪悪感です。

しかも、周囲の人も本当は参加したくないけど断れず参加している状況で自分だけ断る時なんて・・・。

 

でも、罪悪感だとしても断りたい時は断るべきです。

飲み会に参加すれば、参加費は出費ですし、飲み会の時間は失った時間です。

 

自分の時間は1日24時間しかなくて、その内の大半は仕事だったり睡眠だったりなので本当に自由に使える時間は少しです。

その少ししかない貴重な時間を飲み会に使っていいのか?

そこに私は危機感があったので、参加したくない飲み会は断るようにしました。

 

飲み会は参加前提で考えないこと!

参加したくない飲み会は断りましょう!

そもそも、飲み会の出欠確認って出席なのか?欠席なのか?を確認することですよね?

 

飲み会の出欠確認の聞き方で、その人の印象を私は決めます。

1.「この日に飲み会をするけど出席か欠席か教えて下さい。」

2. 「飲み会をするけど予定が空いている日を教えて下さい。」

1のような聞き方は、出席か欠席かを問う聞き方で凄く良いです。

それに対して、2のような聞き方は出席を前提にいつなら出席できるかを問う聞き方で良くないです。

予定は空いているけど参加したくない時だってあるじゃないですか!?

 

つまり、結論「断っていい!」

飲み会断れ

さて、結論になりますが飲み会は参加したくないなら断ってもいいです。

もちろん断りにくいとか、断った後のことが不安だと思う気持ちは分かります。

しかし、飲み会に参加して自分の時間を失われることを考えると、危機感から断らないとヤバイと思うようになります。

そうなると断った時のことを心配するより自分の時間を確保することを優先するようになりますから。

 

あなたが飲み会に参加して自分の時間を失っている時に、飲み会を断った人は自分の時間を確保して何かしら学んでいます。

もちろん飲み会に参加することで学べることもあると思いますが、それはあなたが学びたいことなのですか?あなたを成長させる学びなのですか?

 

飲み会に関する記事

当ブログでは他にも飲み会に関する記事がありますので、よければ参考にして下さい。

会社の飲み会は時間の無駄。内容を見直して3ヶ月に1回にしましょう。

飲み会で会話に入るのが苦手な人にオススメな3つの技

忘年会で愚痴を言っているようでは時間の無駄です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。