ハーツクライ産駒の特徴と傾向を血統で分析してみた

公開日:  最終更新日:2018/05/06

2010年より産駒がデビューしたハーツクライ産駒の特徴と過去成績より傾向などを分析します。

血統目線で見た特徴と過去成績のデータで解説します。

よろしければ予想の参考にして下さい。

ハーツクライ産駒の特徴

現役時代は最強馬ディープインパクトを倒した馬であり、産駒はG1レースを勝つなど種牡馬としても結果を残しています。

 

【ハーツクライ血統表】
ハーツクライ血統表

 

これはハーツクライの血統票ですが、血統的には父サンデーサイレンス×母父トニービンであり、サンデーサイレンスからは瞬発力をトニービンからは持続力を受け継いでいる印象です。

特に東京コースで好走しているイメージが強く、ハーツクライ産駒が勝利したG1レースは7レース中の5レースが東京コースという成績です。

・天皇賞秋(13年):ジャスタウェイ
・オークス(14年):ヌーヴォレコルト
・ダービー(14年):ワンアンドオンリー
・安田記念(14年):ジャスタウェイ
・ジャパンC(17年):シュヴァルグラン
・ホープフルS(17年):タイムフライヤー
・大阪杯(18年):スワーヴリチャード

2018/04/27時点

瞬発力が求められる東京コースでトニービンの血統は相性が良いので、ハーツクライ産駒もトニービンの血を受け継ぎ特徴として東京コースでの好走が目立ちます。

 

ハーツクライ産駒の距離別成績

ハーツクライ産駒が勝ったG1レースは全て芝のレースで距離は1600m~2400mです。

2014年の安田記念を勝ったジャスタウェイは馬の能力が別格だったので、例外と考えれば2000m~2400mとなり距離適性は中距離だといえるかもしれません。

確認のためハーツクライ産駒の距離別成績を調べてみました。

距離 勝率 連対率 複勝率
1000m~1300m 8% 16% 23%
1400m~1600m 9% 17% 25%
1700m~2000m 9% 19% 28%
2100m~2400m 9% 20% 29%
2500m~3600m 11% 21% 29%

(対象8696件(母数))
(集計期間:2010/6/20~2018/4/8 )

 

産駒がデビューしてから時間も経っているので母数はそれなりにあり、調べてみるとやっぱり距離は中距離~長距離の成績が良いです。

 

ハーツクライ産駒の芝とダートの適性

ハーツクライ産駒の芝・ダート別の成績です。

芝/ダ 勝率 連対率 複勝率
9.5% 19.2% 28.0%
ダート 7.6% 16.0% 23.8%

(対象:芝8696件、ダート6049件、合計8696件(母数))
(集計期間:2010/6/20~2018/4/8 )

芝とダートで比べると、芝レースの方が出走も多くて成績が良いです。

ハーツクライ自身が芝で活躍した馬ですし、母アイリッシュダンスも現役時代は芝で活躍しました。

血統表を見る限りはダート血統という印象ではないので好走を期待できるのはダートよりは芝だと評価しています。

 



ハーツクライ産駒の競馬場別成績

ハーツクライ産駒はどこの競馬場が得意なのか?競馬場別の成績を調べてみました。

競馬場 勝率 連対率 複勝率
札幌 10.5% 17.8% 26.7%
函館 12.0% 20.8% 30.2%
福島 7.4% 15.9% 23.5%
新潟 9.1% 19.1% 26.6%
東京 9.3% 18.8% 26.3%
中山 9.2% 17.4% 25.9%
中京 9.0% 18.2% 26.1%
京都 7.6% 17.3% 27.0%
阪神 8.7% 18.7% 28.0%
小倉 9.7% 19.1% 28.1%

(対象8696件(母数))
(集計期間:2010/6/20~2018/4/8 )

 

競馬場別成績を調べて驚いたのが洋芝である札幌と函館の成績が良いことです。

血統の中にトニービンが入っているので洋芝でも通用する適性が産駒に受け継がれているということになります。

夏競馬ではトニービンの血が入っているハーツクライ産駒には注意が必要です。

 

ハーツクライと同じ血統の種牡馬

ハーツクライは父サンデーサイレンス×母父トニービンという血統ですが、同じ組み合わせの種牡馬が何頭かいます。

  • サムライハート
  • リンカーン
  • キャプテントゥーレ
  • アドマイヤボス
  • トーセンファントム

父と母父が同じだからって種牡馬として同じとはなりませんが、似たようなタイプの可能性はあります。

例えばハーツクライ産駒がやたら好走する日は馬場傾向が何かあるかもしれませんので、合わせてハーツクライと同血統の上記種牡馬にも注目です。

 

▼血統を学ぶためにオススメの書籍

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。