SE(システムエンジニア)になりたい人へアドバイス

公開日:  最終更新日:2017/03/08

私の職業に名称を付けるとすればSE(システムエンジニア)になると思います。高校を卒業して約5年間SEとして働き今も継続中です。

私の経験が誰かのアドバイスになれば良いと思ったので今回のような記事を書きます。

仕事で電話する
photo credit: Victor1558 via photopin cc

SE(システムエンジニア)はどんな仕事なの?

IT業界の仕事は多種多様でありシステムエンジニアと言っても会社によって業務内容は大きく異なるということを頭の片隅に置いて読んで下さい。

今回はあくまで私の場合という前提で仕事内容を書かせて頂きます。

5年間働いて主な仕事内容は次の通りです。

システム保守・維持管理

私のデスクにある電話がなる時の多くはお客様からの電話です。このお客様というのはシステムを使っている人(ユーザ)です。

電話内容の多くはシステムについての問合せ・質問です。

「××という処理を行いたい場合はどうすればよいでしょうか?」
「××を行ったんですが印刷しても紙が出てきません。」

などなど…。質問内容も様々なのでその場で随時適切なアドバイスや意見を述べています。

電話だけではなくお客様の元へ出向いて対応することもあります。例えばパソコンやプリンタの交換などは現地に行って作業を行います。

このようにお客様が快適にシステムを使って頂けるようにサポートするようなイメージです。

システム改修

システムを使っているとバグ(設計ミス)が見つかることがあります。その他にお客様から「ここを改善して欲しい」や「こんな新しい機能が欲しい」と要望を頂きます。

そのため毎年システムをより良くするためにシステム改修を行います。システム改修の流れは次のような感じです。

  • どう直すのか?どんな機能を追加するのか?考える
  • 改修の方向性が決まったら「概要設計書」の作成
  • (※概要設計書とは改修内容全体をまとめた設計書です。)

  • 「詳細設計書」の作成
  • (※詳細設計書とはプログラム1本単位、または画面1つ単位の設計書です。)

  • 詳細設計書のレビュー
  • 作成した設計書を元にプログラムを作って問題ないか多くの人がレビューして確認します。
    (※システムでバグが発生するのはこのレビューで欠陥を見落としているためです。)

  • 詳細設計書を元にプログラムの作成
  • 完成したプログラムの単体テスト・結合テスト
  • (※「単体テスト」と「結合テスト」の違いは会社により定義が様々ですが車を例にすると次のようなイメージです。)

    単体テスト

    ・タイヤのテスト
    ・エンジンのテスト
    ・ハンドルのテスト

    結合テスト

    ・車としてのテスト
    ・走行テスト

    システム導入

    お客様からシステムを使いたいと要望があればシステム導を行います。システムの説明から使い方までお客様に説明をして稼働(システムが動くこと)まで見届けます。

    私は4年目と5年目は1年間システム導入のメイン担当として働きました。客先で打合せを重ねコミュニケーション能力の大切さと自らの未熟さを体感しました。

    しかし実際に稼働した瞬間は達成感に満ち溢れます。SEの仕事で喜びを感じる一時がシステムの稼働なのです。

    よく聞くシステムエンジニアという職業の嫌なとこ

    ※あくまで私が聞いたことのある内容です。繰り返しになりますが全ての会社が酷いというわけではありません。

    • 残業が多いため帰宅時間は遅い
    • 徹夜で働かなければならない
    • 残業手当が出ない
    • 休日出勤がある
    • 出張が多い
    • 目が疲れる
    • 腰が痛くなる
    • IT業界は人身売買だ
    • 仕事量と人員の数が適切ではない

    などなど…。現役のシステムエンジニアから聞いてみるのと一番よく分かります。

    SE(システムエンジニア)をオススメしますか?

    個人的にはシステムエンジニアという職業はオススメはしません。人それぞれ向き不向きあるのでこの意見は参考にしなくても良いですが一応自分の意見として述べておきます。

    そもそも、私がどうしてシステムエンジニアになろうと思ったのか…。

    私は商業高校でプログラミングを学び興味があったのでシステムエンジニアを選びました。

    ところが…。働いてみるとプログラミングをする仕事ないではありませんでした。。客先での対応や既存システムについての勉強です。

    今だから思える反省点として、高校生だった私は知識があまりにも乏しく世の中にどんな仕事があるのかよく分かっていませんでした。そんな私が今になり働いてみて思うことはシステムエンジニアという職業はオススメしません。

    学生でこれから就職先を決める人へのアドバイスですがシステムエンジニアになりたいという思いは素敵です。

    けど就職先を決める前にこの世の中には他にどんな職業があるか調べてみて下さい。それでもシステムエンジニアになりたいのなら自分が入社したい企業がどんな内容の仕事をしているのか良く調べて下さい。

    よく考え、とても考え。すごく考え、それでもシステムエンジニアとして働きたいと思えるのならばぜひ頑張って下さい。

    自分で読み直して追記

    読み直しましたが、私はシステムエンジニアという職業をかなり悪いイメージで書いていますね。私が感じたままを書こうと思ったので素直に表現をしたつもりです。

    文頭で「私の経験が誰かのアドバイスになればと思い…」と書きました。新卒で仕事を始めれるのって人生で一度だけです。

    しかしその一度の選択は社会経験も無い無知の状態で選択しないといけません。その一度の選択に後悔をしてほしくないというのが私の願いです。

    システムエンジニアという仕事が悪いわけではありません。人生で一度の選択肢に私の経験が役立てばと願っています。

    シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    馬を見る私
    このブログを書いている@tanesho42です。
    「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
    詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。