桜花賞の血統傾向を分析した結果

公開日:  最終更新日:2018/04/07

桜花賞の過去レースより血統傾向を分析していきます。

よければ予想の参考にして下さい!

過去5年の血統傾向

過去5年の桜花賞で3着以内に入った馬の種牡馬系統を『父馬×母父馬』で表記しています。

※血統系統の色分けは私が使っている配色なのでご了承ください。

 

【2017年】
1着(8番人気)レーヌミノル
 サンデー系×ヘイロー系
2着(3人気)リスグラシュー
 サンデー系×ネイティヴダンサー系
3着(1番人気)ソウルスターリング
 サドラー系×ブランドフォード系

【2016年】
1着(3番人気)ジェラシー
 サンデー系×ネアルコ系
2着(2番人気)シンハライト
 サンデー系×サドラー系
3着(6番人気)アットザシーサイド
 キングマンボ系×サンデー系

【2015年】
1着(5番人気)レッツゴードンキ
 キングマンボ系×サンデー系
2着(7番人気)クルミナ
 サンデー系×ボールドルーラー系
3着(8番人気)コンテッサトゥーレ
 サンデー系×トニービン系

【2014年】
1着(1番人気)ハープスター
 サンデー系×ノーザンダンサー系
2着(2番人気)レッドリヴェール
 サンデー系×ノーザンダンサー系
3着(5番人気)ヌーヴォレコルト
 サンデー系×ヌレイエフ系

【2013年】
1着(7番人気)アユサン
 サンデー系×スト-ムキャット系
2着(2番人気)レッドオーヴァル
 サンデー系×ミスプロ系
3着(14番人気)プリンセスジャック
 サンデー系×ミスプロ系

桜花賞の血統傾向を分析

やっぱりサンデー系が成績を残していて、過去5年(13年~17年)の3着以内の馬15頭の内14頭が父か母父がサンデー系です。

阪神芝1600mコースで瞬発力勝負になりやすいので血統的にサンデー系が成績を残すのは納得できます。

 

ディープインパクト産駒は該当馬も多く成績も良いですが、他のサンデー系という点ではダイワメジャー産駒は注意必要です。

2013年は14番人気のプリンセスジャックが3着で、2017年は8番人気のレーヌミノルが勝ちました。

ダイワメジャー自体が現役時にマイルG1を勝っていることもあり、距離1600mというのは適正としてベストであり好走する理由も分かります。

 

牝馬クラシック1戦目で阪神芝1600mというコースなので血統による傾向より実力で押し切る馬もいますが、血統目線で予想するならサンデー系で瞬発力の高い馬を選びたいところです。

 



阪神芝1600mで成績の良い種牡馬

阪神芝1600mコースで成績が良い種牡馬も調べてみました。

勝利数の多い順に下記のような成績となっていますので合わせて参考にして下さい。

【集計期間:2015/01/01~2018/03/25】

1位:ディープインパクト産駒(サンデー系)
⇒成績31-33-27-179 勝率12% 複勝率34%

2位:ダイワメジャー産駒(サンデー系)
⇒成績10-12-15-91 勝率8% 複勝率29%

3位:キングカメハメハ産駒(キングマンボ系)
⇒成績10-7-11-86 勝率9% 複勝率25%

4位:ステイゴールド産駒(サンデー系)
⇒成績8-5-7-65 勝率9% 複勝率24%

5位:ハーツクライ産駒(サンデー系)
⇒成績7-7-9-71 勝率7% 複勝率25%

 

▼血統を勉強したい人向けの書籍

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。