ダイワメジャー産駒は早熟なのか調べてみた

公開日:  最終更新日:2019/02/03

現役時代にG1を5勝したダイワメジャーですが、種牡馬となりダイワメジャー産駒は早熟なのか調べてみました。

ダイワメジャー産駒で活躍した有名な馬たちです。

・アドマイヤマーズ
 ⇒2018年朝日杯FSを勝利

・レーヌミノル
 ⇒2017年桜花賞を勝利

・メジャーエンブレム
 ⇒2015年阪神JFを勝利
 ⇒2016年NHKマイルカップを勝利

・コパノリチャード
 ⇒2014年高松宮記念を勝利

・カレンブラックヒル
 ⇒2012年NHKマイルカップを勝利

 

勝ったG1レースを見てみると分かりますが、2歳・3歳のG1レースが多いですし、2014年の高松宮記念を勝ったコパノリチャードも当時は4歳でした。

ここまで見ると早熟かもしれないという説は否定できませんね。

次に年齢別の成績を見てみましょう。

ダイワメジャー産駒年齢別の成績

ダイワメジャー産駒がデビューしたのが2011年なので、もう結構時間は経過してデータとしての母数もそれなりに揃いました。

年齢別の成績は次の通りです。

【集計期間:11/06/19~19/01/27】

年齢 成績 勝率 複勝率
2歳 219-226-202-1199 12% 35%
3歳 378-366-348-3170 9% 26%
4歳 184-188-178-1514 9% 27%
5歳 87- 88- 89- 1003 7% 21%
6歳 21- 28- 27- 410 4% 16%
7歳 7- 6- 9- 155 5% 14%
8歳 0- 0- 2- 28 0% 7%

 

4歳くらいまでは、そこそこの成績ですが5歳になるとガクッと落ちて、それ以降は成績としては物足りない数値です。

距離適性が短いため2歳は成績が良い

ダイアメジャー産駒はスピード型というよりはパワー型の馬が多いため、距離適性はどちらかと言えば短い方がいいです。

そうなると短距離戦が多い2歳戦は距離適性もあうため成績が良い成績を残せます。

 

デビュー直後は成績が凄く良い

2歳のデビュー戦は6月から始まりますが、2歳馬がデビューした直近は特に短距離レースが多いです。

そこで、2歳の6月~9月というデビューから直近4ヶ月に絞って調べるとおもしろいことが分かりました。

【集計期間:11/06/19~19/01/27】
2歳6月~12月の成績

成績 勝率 複勝率
6月 22-10-11-48 24% 47%
7月 22-32-19-107 12% 41%
8月 25-35-25-121 12% 41%
9月 29- 30- 26- 154 12% 36%

 

まず全体的に成績が良いのですが、特に6月の成績は抜群に良いです。

ダイワメジャー産駒の2歳6月は要チェックですね!

 

ダイワメジャー産駒の早熟についてまとめ

まとめになりますが、ダイワメジャー産駒が早熟かどうかについては成績だけ見れば年齢が低い方が成績が良いです。

ただ、それは血統という視点というよりはダイワメジャー産駒の傾向にあるのではないでしょうか?

ダイワメジャー産駒はスピードよりパワーに優れていますので、距離適性も長距離よりは短距離です。

そのため、短距離レースの多い2歳・3歳戦は距離適性に恵まれてダイワメジャー産駒の成績が良い傾向にあるというのも納得です。

 

ダイワメジャー産駒がこれまでのG1レース勝利が2歳戦・3歳戦や短距離ということからも早熟という考え方も捨てきることはできません。

ただ、短距離レースでダイワメジャー産駒だけど6歳だからといって切れるかというと、それは違います!

 

月刊誌『競馬最強の法則』から誕生した、競馬予想に特化したWEBサイト。



ご愛読ありがとうございます!

よければシェアとツイッターのフォローもよろしくお願い致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加