残業代に頼っている働き方は間違っていますよね?

公開日: 

相変わらず日本は残業が無くならない国だと日々感じています。

最近でも過労死問題が話題となり、労働時間を減らそうという方向性で世の中が動いてはいますが、本当に労働時間が減っている職場は一部です。

私の職場も以前より残業時間は減りましたが、それでも定時に帰ろうとする人は少ないです。

周りが定時になっても帰らないから自分だけ帰りにくいと思う人もいるかもしれませんが、中には残業代を目当てにわざと残業をしている人もいるかもしれません。

残業代を目当てにすることは否定しません

私は残業代を目当てにしている人のことを否定をするつもりはありません。(経営者でもありませんし!)

お金が欲しいから残業をしてでも収入を増やしたいと考える人もいると思いますので仕方ないですよね!

でも、残業代を目当てにしている人の存在によって、定時で帰りたい人が帰りにくくなっているなら、それはダメです。

残業目当てで働くことによって誰かが困るようなことがあるなら、それは迷惑です。

残業しない人とする人の意識の違い

日本では「残業=偉い・頑張っている」という間違った文化があるので、残業に対する意識が異なる人同士は考え方が合いません。

例えば、明らかに定時内に終わらない打ち合わせを夕方に始めるのが良い例です。

打ち合わせをしないといけないが定時内に終わる内容ではない時にどう思うかです。

残業をする人は「良い資料作りのために定時内には終わりませんが、頑張りましょう!」と言いますが、残業をしない人は「定時内に終わらないので明日にしましょう」と言います。

もちろん言い方によって異なりますが、残業をしない人の意見の方が、仕事を頑張っていない感じがします。

けど、これは時間内に仕事をやるといあで言えば残業をしない人の方が正しいです。

残業をする人と残業をしない人の違いは時間への意識だと私は考えています。

参考:終わりの時間を厳守できない仕事はダメな働き方

残業代なんて不安定なお金に頼るな!

残業代って考えてみると、時間内に仕事を終わらせられなかったから時間外も働かせることに支払われるお金です。

時間内に終わらない仕事量だった可能性もあるので、今後は残業するほど仕事無いかもしれませんよ?

他にも残業のせいで労働時間が増えて体調が悪くなり健康を維持できないかもしれませんよ?

そう考えると残業代に頼っていたら不安定じゃないですか?

残業代に頼らない生き方を実践中

私は仕事柄残業が多いので、給料には残業代が上乗せされています。

またその残業代は生活費としては結構助かるので、今までは固定費くらいは残業代でどうにかできないかと考えていました。

しかし、最近は働き方を意識するようになったので、残業代には頼らないことにして本当は残業ゼロで毎日を過ごそうと考えていたのですが、なかなかうまくも行かず。

結局少しは残業をしていますが、基本的には残業代は無いとして生活しています。

残業代が無いとしたら、もっとお金を稼ぎたいと思った時にどうすればいいのかって考えてみましたが、結局は個人で稼ぐしかありません。

簡単ではありませんが、残業代に頼って生きるのは間違っているので変えていっています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑