ポムの樹Lサイズのオムライスは想像より簡単に完食できた

公開日:  最終更新日:2017/10/11

創作オムライスが食べれる「ポムの樹」というお店をご存知ですか。

メニューを見ると色々なオムライスがあってどれにしようか迷います。よし、これにしようとメニューを決めた後に悩むのがサイズです。これがポムの樹の名物で一番大きいのはLサイズです。

ポムの樹Lサイズ1

これはメニューに書いてある各サイズの説明です。Lは「ドデカサイズはたっぷり食べたい時に。」と書いてあり、お茶わん6杯分+たまご6こです。しっかり食べたい人にはオススメですね。

ポムの樹Lサイズ2

こちらもメニューに書いてあります。各サイズの原寸大ですが、こうして画像にすると伝わらないですね…。ぜひお店で肉眼で見て下さい。

Lサイズ皆の感想は?

以前からポムの樹Lサイズ食べたいと思っていた私ですが、「絶対に食べきれないよ」と妻に言われ次回行く時は必ず挑戦すると宣言していました。

ツイッターでもLサイズの破壊力には色々な感想があります。

おいおい、デカくて笑えるって何だよ…。

二度とやるまいと思うくらいなのか?

何だか食べる前にビビってしまいそうですが私も男です。挑戦しました。



ポムの樹Lサイズに挑戦

ポムの樹には色々な創作オムライスがありますがLサイズ初挑戦なので定番の「定番ケチャップオムライス」のLサイズに挑戦しました。

ポムの樹Lサイズ3
ホームページより引用)

店員さんに注文する時は少し恥ずかしかったですが気にしてはいけません。「Lサイズ下さい。」です。

Lサイズの登場

ポムの樹Lサイズ4

ズドーンとLサイズの登場です。画像では比べるためにガムシロップを置きましたが大きさ伝わっているでしょうか?

最初に見た時の感想は「デカイ、けど食べれなくもないかな…。」という感じでした。

いざ、実食

こういう量が多い物を食べる時の持論ですが、「勢いを落とすな完食まで全力」です。最初から少しずつ食べて途中でペースを上げる方法も良いですけど、最初からガツガツ食べて完食まで突っ走る方が自分には合っていると少し前に気づきました。

今回も最初から全力です。

ポムの樹Lサイズ5

あ!味の感想も忘れずに書くと、個人的には「スゲー美味い」というレベルではありませんでした。100点満点にすると75点くらいです。味だけで言えば妻の作るオムライスの方が美味しいと感じました。ただタマゴのフワフワ感はさすがお店で食べるオムライスだけに完璧でした。

今回は「定番ケチャップオムライス」でシンプルなオムライスだったのでこういう感想になりましたが他にも美味しそうなメニューはたくさんありました。例えばトンカツが付いているオムライスが美味しそうだったので次回来店した時はそれを食べます。

おっと、完食まで全力です。

最初から飛ばしたら後半苦しくなった

ポムの樹Lサイズ6

半分くらいまでは余裕で食べ進めることができました。半分食べて少し勢いが落ちるもまだ行ける感じは残っています。

ポムの樹Lサイズ7

最後4分の1くらいになるとやや苦しさがきます。けどここで失速したら苦しくなる一方なので頑張ります。

ポムの樹Lサイズ8

15分くらいですかね、完食です。

食べてみた感想

食べた感想です。

Lサイズの量をバカにしてはいけません。余裕で食べきれるほど簡単ではありませんが絶対無理というほど難しくもありません。

今回は「定番ケチャップオムライス」だったので完食できましたが、別のメニューだと結果は違ったかもしれません。挑戦するならまずは「定番ケチャップオムライス」がオススメです。女性は1人で完食は難しいと思うのでお友達または恋人と二人で挑戦して頂いても楽しいと思います。

ポムの樹は良いお店です。次はトンカツ付のオムライスかLサイズ2度目の挑戦をします。

ちなみに、オムライスと言えば

余談ですけど、オムライスと言えば、ガストの「ビーフシチューオムライス」も凄く美味しいですよ。ガストのオムライスビーフシチューにサラダが追加されて最強レベルになったという記事も書いていますので参考にしてみて下さい。

【2015年10月10日追記】ガストのオムライスビーフシチューの記事を書いたのが2015年4月18日ですが現在はサラダは付いていません。変更になったようですのでご注意ください。

ガストのオムライスビーフシチューにサラダが追加されて最強レベルになったガストのオムライスビーフシチューにサラダが追加されて最強レベルになった

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。