競馬場でマナーが悪い人は全体の一部です

公開日: 

先月ですが競馬の頂点を決める日本ダービーが行われました。

テレビCMなど、宣伝も多かったので目にした人も多いと思います。

結果はミルコ・デムーロ騎手が騎乗したドゥラメンテという馬が勝ちました。ミルコ・デムーロ騎手は今年から日本の騎手として認められ、今回の大一番で結果を残しました。

レース後には大歓声を前に涙する姿がとても印象的でした。今年もドラマを感じた日本ダービーでしたが、終わってみれば残念なことも。

ビッグレース後の競馬場に残るゴミ

ツイートを載せます。

これは日本ダービーが行われたレース後の東京競馬場です。悲しいですね、残念な気持ちになりますね。

競馬場にはゴミ箱が設置してあります。それも大きく分かりやすく何個もあります。それなのにレース後のゴミは全く解決されません。

これを見ると競馬のイメージが悪くなるのでゴミはゴミ箱に捨ててほしいです。

一部の人のせいで競馬のイメージは悪くなる

テレビCMで見る競馬場は理想です。

認めたくありませんが現実はツイートにある写真のようなマナーの悪い競馬ファンもいます。

言い訳にしか聞こえないと思いますが、マナーの悪い競馬ファンは全体の一部です。多くの人がゴミはゴミ箱に捨てますし、人が多い中でぶつかったら謝ります。

それでも、人が多く集まれば中にはマナーの悪い人がいる確率も高くなります。一部のマナーが悪い人を見て競馬に悪いイメージをもたないで頂きたいです。

人が集まるには理由がある

話は競馬から変わりますが、私は埼玉県さいたま市に住んでいます。さいたま市と言えばサッカーの浦和レッズというチームが有名です。

私は小学生の時にサッカーを始めて、その時から浦和レッズが一番好きなサッカーチームでした。

小学生の時は島根県に住んでいたので、テレビを通じて浦和レッズの試合を見ることしかできませんでした。でも大人になりさいたま市に住んでスタジアムに試合を見に行きました。

そこには凄い数の人がいました。何万人もの人が集まり勝利に向かって一致団結しているのです。鳥肌が立つほど感動しました。

スタジアムには感動があるからこそ何万人という人がそこに集まるのです。競馬も浦和レッズも同じです、そこに行けば感動できるから多くの人を動かすのです。

でも、浦和レッズのサポーターはマナーが悪いことで有名です。

浦和レッズファンの私から言わせてもらえば、マナーが悪いのは全体の一部です。そう、競馬と同じです。

全体の数が多くなれば中にはマナーの悪い人もいます。そういう一部のせいで全体が悪く思われるのはとても残念です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。