back number「花束」のような夫婦が理想です

公開日: 

先日、記憶に残るワンフレーズを生み出すために予想を裏切ることからという記事を書きました。その中でback numberの「高嶺の花子さん」という曲を紹介しました。

今回もまたback numberの名曲「花束」について書きます。

花束の歌詞は理想の男女関係

花束の歌詞を自分なりに解釈します。

男女がこれから一緒にやっているか分からなくて自信は無いけど、二人で笑い合って生きていこうと思っている。まあ上手くやっていけるか分からないけど好きだよ。

私はこう解釈しました。

私は奥さんに花束が理想と伝えた

以前、実際に奥さんに言ったことがあります。「自分はback numberの花束みたいな関係で夫婦生活を頑張ろうと思う…。」ってね。

子供の時から理想のカップルや夫婦とは何があっても愛の力で乗り越えれることだと思っていました。

TBSお昼のドラマ「大好き!五つ子 GO!!」を知っていますか?

このドラマに登場する桜井家のような夫婦が理想だと思っていましたが、親は「これはドラマであって実際の夫婦とはもっと難しくて、もっと素敵だ。」と教えられました。

花束は子供の時に理想だと思っていた愛の力で乗り越える愛より、もっと現実的な愛です。

他人だけど愛して夫婦になった

夫婦は血がつながっていないので他人です。でも、愛して夫婦になったわけですから他人だけど他人を超えた関係だと私は考えています。

時には喧嘩する時もあります、価値観が合わない時もあるでしょう。生まれ育った環境が違えば仕方ないことです。

「2人でやっていけるか分からないけど、好きだからさ。」この気持を忘れなけいことが大切だと花束を聴いて再認識しました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。