競馬プロの馬券の買い方を考えてみる

公開日:  最終更新日:2018/01/14

競馬でお金を稼ぐプロ馬券師と呼ばれる人達はどういう買い方をしているのか気になります。

これまで馬券に関する本を何冊か読んで自分なりにプロの買い方というのを考えてみたので整理します。

大きく分けて2種類

浦和競馬場3

馬券で勝つための買い方は大きく分けて2種類になります。

1.高配当を狙って少ない金額で多くのレースを買う、2.配当は低いが高的中率を狙い買うレース数は絞る。この2つです。

それぞれどういう買い方か簡単に説明します。

1.高配当を狙うパターン

三連単を基本に買う人は基本的にこのスタイルが多いです。

三連単で数十点くらいの馬券を1日数レースくらい買うパターンの人です。

いきなり高配当的中すればその後安心ですし、不的中が続いて最後に的中して結果プラス収支で終えることもあります。

2.高的中率を狙うパターン

単勝とか複勝を1点で買う人は基本的にこのスタイルが多いです。

10,000円とか100,000円で単勝や複勝を1点買ですが、買うレース数は少なく1日1レースという人もいます。

高的中率を狙って馬券を確実にしとめ利益を少しずつ蓄えていくようなイメージです。

どういう買い方でも最後にプラスを目指す

どういう買い方でもプロに共通することは最後にプラスで利益を出して終えるということです。

利益出さないとプロとして生活できないですからね、当然です。

つまり、最後にプラスで利益を出せることができれば前に書いた、「高配当を狙うパターン」でも「高的中率を狙うパターン」どちらでも構わないということです。

もしかしたらこれ以外のパターンも存在するかもしれませんが、目指すべきはプラスで利益を出して終えることです。

それができれば、どんな買い方でも構いません。

馬券に関する本を読んでいると理論の良し悪しに注目してしまいますが、大切なのは利益という結果です。

相性の良い買い方

馬券というのは自分の性格に適した相性の良い買い方をすれば成績が上がると考えています。

私は複勝で馬券を買う時が多く時々単勝で買ったり、単複で買ったりと状況によって使い分けていますが本命馬1点買いが基本スタイルです。

これは数年競馬に取り組んで見つけた答えであって、全ての人に共通して言える正解ではありません。

過去にはワイドを研究したり三連単の軸2頭マルチを研究したりしたこともありますが、単勝・複勝スタイルになってから成績は安定しました。

これは単勝・複勝スタイルが私の性格に適していて相性が良かったから出た結果です。

私の弟を例にします

弟も競馬が好きで私に競馬を教えてくれたのも弟です。

弟も馬券の買い方を試行錯誤して三連単かと思えば三連複だったり、ワイドだったりと研究を続けいているようです。

そんな弟に複勝1点買いをオススメして一時期良い結果が出たことがありました。

でも弟の性格に適しているか考えてみると違って、三連単を買って穴馬を相手で拾い高配当を狙うような買い方の方が適しています。

性格に適した相性の良い買い方を見つけることは凄く大切です。

プロの買い方の答え

馬券で勝つための買い方を大きく分けて2つ紹介しましたが、プロの買い方を調べていくと人によってどちらかのタイプに分類することができます。

プロの買い方の答えは、自分に適した買い方を分かっていて試行錯誤しながら向上していることだと思うようになりました。

自分の性格に適した軸となる考え方をしっかり持っていて、人の予想を参考にして良い点があれば吸収する。これがプロの買い方だと思い私も試行錯誤しています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。