部活を辞めたいけど不安で辞められない人へアドバイス

公開日: 

学生生活を充実させてくれる部活動ですが、私は過去に部活動の時間が辛く辞めたいと凄く悩んだ時がありました。

私と同じように部活を辞めたいけど不安で辞められない人が結構いるみたいなので、経験者として体験談とアドバイスを書かせて頂きます。

私は中1でサッカー部を辞めました

まずは私の体験談を書きます。

小学生の時に学校として部活はありませんでしたので、スポーツ少年団(スポ少)のサッカーチームに小学4年生の時に入りました。

中学生になってからもサッカーを続けることにしたので中学校のサッカー部に入部しました。

私が通っていた中学校は、地域的に2つの小学校が中学校で一緒になるという構造でした。

そのため、サッカー部では私が入っていたサッカークラブと隣町のサッカークラブが一緒になって中学校のサッカー部として活動を始めました。

新しいメンバーと新しい環境で自分なりに頑張ったのですが、中学1年生の12月にサッカー部を退部してバレー部へ転部しました。

サッカー部を辞めた理由

サッカー部を辞めた一番の理由は人間関係です。

前にも書いた通り隣町のサッカークラブのメンバーと一緒になったので、新しいメンバーと私は上手にやっていくことができませんでした。

喧嘩をしたとかではありませんが、とにかく反りが合わないので良い人間関係を築くことはできませんでした。

当時はサッカーボールを自分で用意して自宅から学校へ持っていく制度でした。

ある出来事で辞めることを決断

ある日、今まで使っていたボールがダメになったので新しいボールを親に買って貰い学校へ持っていきました。

少しデザインは異なりますが、こんな感じのUEFAチャンピオンズリーグで使われるモデルのサッカーボールでした。

たまたま、Y君(小学校は別の子)が使っていたボールと同じだったために、「真似するんじゃねーよ」というような表現のことを言われました。

他にもシューズが同じだと文句を言われたりと、とにかく隣町のサッカークラブだった一部の人とはサッカーとは関係の無い点で考え方が合いませんでした。

1年生の12月に嫌な出来事が続いたので部活を辞めることを決断しました。

不安で悩む
photo credit: Pierre x Petzval via photopin (license)

部活を辞める不安

部活を辞めたいと考え始めてから、部活を辞めることに不安を強く感じました。

その理由は周囲の目を気にしてしまったからです。

「あいつは逃げだしたな。」とか「根性がないな。」とか友人や家族などから何と思われるのか不安で辞めようと思っても決断はできませんでした。

何かを辞めるという時は周囲の目を気にして不安に感じることはあります。

しかし、自分の人生だから自分で決めましょう。嫌なことを周りの目を気にして誤魔化すのは間違っています。

「自分はどうしたいの?後悔しない選択肢は何なの?」

部活を辞めたいと悩んでいることを担任の先生に相談した時に、「自分はどうしたいの?後悔しない選択肢は何なの?」と言われました。

この言葉は鮮明に覚えていますし、人生を生きる上で凄く大切なことだと今でも思っています。

だから今、部活を辞めようか悩んでいる人へ言いたいです。

「自分はどうしたいの?後悔しない選択肢は何なの?」

不安に勝つのは勇気だよ

自分はどうしたいのか?そして後悔の無い選択肢を選んでほしいです。

さらに言うと、不安に勝つためには勇気が必要です。これは今だけでなく、これからの人生ずっとそうです。

しかし、勇気を出さなくても結果的に良くなることもあれば、勇気を出したのに結果的に良くならないこともあります。

若い時の失敗は人生の経験になります。頑張って部活を続けるのも勇気ですし、辞めて次の道を探すのも勇気です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。