誰のために人生を生きている?自分のために生きる。

公開日: 

どうも、人生の厳しさに日々試行錯誤している@tanesho42です。

突然ですが、『自分のために人生を生きていますか?』と問われたらどう答えますか?

今、この記事を書いているのは10月です。

書きながら「え、もう10月なのか!?」と思うくらい気が付くと1年が終わろうとしています。

1年の終わりに、1か月の終わりに、1週間の終わりに、1日の終わりに、それぞれの期間の終わりに思うことは自分のために人生を生きたかどうかです。

人生は楽しくあるべきだと私は考えています。

でわ、『人生は楽しくあるべき』ためにはどうすればいいかと言うと、自分のために人生を生きることです。

自分のために人生を生きて成長する

日々を生きていると何かしら学びや発見があり人間として成長します。

昨日の自分より今日の自分の方が成長している必要がありますし、今日の自分より明日の自分が成長していないといけません。

自分の人生を生きると成長することができます。

誰かのために人生を生きていると、毎日何のために生きているのか見失うこともあります。

自分のやりたいことを出来ているのか?

今日1日でも昨日1日でもいいですが、自分のやりたいことをしている時間はどれくらいありましたか?

1日24時間は誰も同じですが、自分のやりたいことを1日で何時間したなのかは人それぞれ違う。

ここで人によって『差』が生まれます。

自分の人生が嫌になり人を羨ましく思うなら、自分のために人生を生きるべき、人のために人生を生きていたら自分のやりたいことなんて出来ない。

少しでも好きだと思えることは、自分のやりたいことだよ。

自分のために人生を生きるべきだと思うが、自分のやりたいことが何なのか分からない時があります。

好きだと思うことは何個かあるが、それを極めるほど好きなのかは微妙で、本当に自分が好きなことが何か分からない。

私も『自分が好きなこと』はいくつかありますが、好きだと思えることは自分がやりたいことだと思って取り組んでいます。

自分の好きなことを徹底的に極めようとしている人を見ると、自分は本当に好きなことが何なのかと不安に感じることがあります。

でも、まずは少しでも好きなことは自分がやりたいとことだと思って時間を使いましょう。

そうすることで、自分がやりたいことをやっている時間が増えて人生を自分のために生きていると感じられるようになります。

人生は誰のために生きているのか?自分のために生きることで進行方向が見えてきます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。