人と話すのが苦手なら好きなことを話そう

公開日: 

人と話すのが苦手で悩んでいる人って結構多いですよね?実は私もその1人です。

ブログては自分の思考や体験を書いていますが、同じ内容を人に話せと言われると困ります。

私のように、人と会話することが苦手な人でも話せるにはどうすればいいか?

考えてみました!

話す会話
photo credit: Anne Worner The Conversation via photopin (license)

相手は話してくれる人なのか?

まず大切なことは相手が積極的に話しかけてくれる人かどうかです。

基本的に相手が話してくれる人であれば、自分が話せなくてもある程度会話は続きます。

特にどんどん質問をしてくれる人は凄く楽す。

相手の質問を答えているだけでも自分は発言をしているので会話が続いているような感じになって、こちらからも少しずつ発言をすることができるようになります。

相手が話しかけてくれる人であれば自分は受け身でもいいですが、話しかけてくれない人ならこちらから話すことも必要となります。

なので、相手がどういう会話をするタイプの人なのかというのは凄く大切です。

自分も会話に参加する

私のように人と話すのが苦手なタイプの人は自分から発言することが少なく、聞き手に回ってしまうことが多いですよね。

まあ聞き手に回ってしまうことは悪くないのですが、自分は話すのが苦手だから聞き手なのに「この人は会話に参加してこないな…」って相手の人に思われたら損ですよね。

人と話すのが苦手でも、自分も会話に参加しようとすることは大切です。

会話に参加したくないと思うなら、それは人と話すのが苦手なのではなく人と話すのが嫌いですね。

自分の好きなことを話そう

私は人と話すことが苦手ですが、上手く会話できるなら話したいので、どうすれば自分から発言もできるか考えてみました。

その結果、自分の好きなことが話題の時は自分から発言できていることが多かったです。

好きなこと以外でも、ある程度知識があることでも自分から発言できます。

きっと、自分の発言に自信が持てるから自分から発言できるんでしょうね。

だから何とか自分の好きなことや知識があることに話題を持っていき自分から発言できるようになれば人と話すことに楽しさを感じられるようになります。

話題を誘導する技術を身に付ける

飲み会とかで誰にでも積極的に話しかけてフレンドリーに会話できる知人から教えてもらったことがあります。

それは話題を誘導する技術です。

会話というのは話題があって、その話題に関することをお互いが発言がします。

話題というのはどちらかの発言で急に変わるので、自分が話せる話題に変わりそうな発言をすることが大切らしいです。

簡単な技術ではありませんが、話題を誘導できる技術を身に付ければ、人と話すのが苦手な人でも話せるようになりますよ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。