単勝を当てるために考えなければいけないことを見直す

公開日: 

単勝という馬券は競馬の基本と言われています。その理由は1着を当てるというシンプルな馬券だからです。

私はここ数年単勝と複勝を中心とした馬券スタイルを貫いていますが単勝を当てた時の快感は最高ですね。そんな基本と言われる単勝馬券ですが簡単のようで奥が深い馬券です。買ってみると分かるのですが単勝を当てることは簡単に見えて結構難しいです。

今回は私が考える単勝を当てるために考えなければならない点について書きます。以前「単勝を買う時の注意」という検索でブログにアクセスがあったのですがその方へに参考となるような記事を書けたら嬉しいですね。

単勝馬券

勝ちきれる馬を本命にすること

単勝というのは1着でゴールしないと的中になりません。そのためハナ差の1mm差でも2着では馬券として外れです。つまり勝ちきれるようなタイプの馬が単勝馬券には適しています。

例えばダートで活躍している「アドマイヤロイヤル」は安定した走りをしますが勝ちきれないタイプの馬です。2着や3着が多く複勝では期待できるけど単勝では不安。このようなタイプは単勝馬券という点では危険が大きく買いたいタイプではありません。

対策をするならばリスクヘッジとして複勝も合わせて買うことをオススメしますが単勝を当てたいなら基本は勝ちきれるタイプの馬を本命にすることを考えた方が良いです。

予想で不安があるならば見という判断も必要

予想が終わって本命馬も決まったが何か不安があるなら馬券を買わずに見送ることも大切です。馬券の勝ち組は必ず見送る技術に優れています。でわ、どんな時に見送るのか?

私の場合は予想をしていて少しでも不安点があれば多くのレースを見送ります。例えば調教が悪いとか明らかに成績が良くない条件でのレースなどは見送り対象ですね。1着でゴールしなければ的中とならない単勝馬券だからこそ少しの不安でも妥協はいけません。

不安が或る状態で馬券を買って外れた時に、「不安があったからなー」と言う人がいます。不安があったのらば止めるべきです。それなのに買って外れた後は何を言っても言い訳です。

不安があることを知りつつも馬券を買うということは無意識に外れた時の言い訳は不安点があったということにしようと心のどこかで決めつけているのです。不安がある時は見送るという勇気も大切ですよ。

リスクヘッジとして複勝も必要なのか考える

前にも書きましたが単勝を買う時にサポートとなるのがリスクヘッジの複勝です。単勝を買う時は自信があっても複勝を買う必要があるのか一度検討して下さい。単勝と複勝というのは剣と盾のような関係です。単勝の良さと複勝の良さを最大限生かせば馬券成績は良くなります。

参考記事:単勝と複勝が馬券で一番魅力あることを説明します

時と場合によっては抑えが必要な時と必要ではない時があるはずです。結果はレースが終わらないと分からないので必ずしも正解が存在するわけではないので長年の経験や馬券センスに左右されることもありますがリスクヘッジの複勝について考えてみてください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。