自分を表現したいなら「自分自身を知って人に認めてもらう」が大切だと思う

公開日: 

先日、「自分を表現したい」というキーワードでこのブログにアクセスがありました。おもしろいキーワードで検索しているなと思ったので自分の考えを少し書かせて頂きます。

おそらく、検索してヒットした記事は個人メディアで稼いで将来ずっと自分を表現したいだと思われます。この記事と同じような内容になりますが私は「自分を表現する」ということはとても大切だと思います。

そう思うようになれたのは20歳になった時でした。それまで自分を表現したいと思っても頑張ってすることでもないと思っていたのでそれほど重要とは思わなかったんですよね。

私は19歳で地元企業に就職しましたが勤務地は東京になり上京しました。社会人1年目は会社と社宅の往復で休日は引き籠りでした。けど社会人2年目の20歳になった時に本当にこのままで良いのか?と悩みました。もっと自分を表現しないと人生つまらないという結論を出しました。

その後は趣味の競馬を通じて仲間を増やし自分の好きなことは何かを人と会う度に語りました。私のことをウザいと思う人もいたかもしれませんが共感してくれる人もいました。自分の思考や人生に対する姿勢が一般的な若者とは少し違うという自覚はあったので共感してくれる人がいたことが嬉しかったです。

胸をはって自分をアピールする

「自分を表現したい」というキーワードだけではその奥にある悩みまで分かりませんが考えられることは2つです。

1.自分をよく分かっていない

自分を表現したいけど自分の何を表現すれば良いのか分からない、別に周りの人と自分を比べて取り柄もないし長所も分からない場合です。

まずは自己診断ですね。好きなことは何か?人とは違う自分の意見は何か?極端に言えば自分を好きになることですよ。

私は自分が凄く幸せな人間だとは思っていませんが、「競馬」「ブログ」「投資」というブレない3つの軸を持ち日々生きています。このブレない軸が明確になっている自分の考えは好きなんですよね。

参考になるか分かりませんが続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。という記事を書いて頂きました。嬉しいですね、こういうことですよ(笑)

2.自分を表現する方法が分からない

何をすれば良いの?どこに行けば良いの?誰に言えば良いの?自分を分かっていても表現する方法が分からない場合です。

この場合はアウトプットを繰り返すことです。ブログを書くということはアウトプット手段の1つです。その他に自分の意見を人に話す、好きなことが同じ人と出会ってみるなど、とにかく自分の中で留めずに外に出すことです。

最後に

こんな感じです。自分を表現していると思いたいなら「自分自身を知って人に認めてもらう」だと思います。そうしないといつまでも自分を表現していると実感できないですからね、私も自分を表現したいけどまだまだですよ。頑張ります。

でわ、生意気に自分の意見をダラダラと書きました。参考になれば嬉しいです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。