お金の上手な使い方って何ですの?

公開日: 

最近「お金の上手な使い方」について悩んでいるので書かせて下さい。

日本円お金

お金の上手な使い方とは?

ある動画を見て(どの動画か忘れましたが・・・)お金の使い方について議論していました。

お金は何かを実現するための物でしかなく、その価値だっていつまで保証されるか分からない。「貯金1000万あります。」より、「1000万をこんな使い方しました。」の方が価値はある。みたいな内容です。

私は子供の時から貯金主義でした。貯金額が溜まっていくことに喜びを感じました。

そんな私ですが過去に大きな買い物をしたこともあります。大きな買い物と言っても金額ではなく、当時お金使った感覚で大きな買い物だと思うことです。

13歳でコンポを買う

13歳の時に音楽に目覚めたというか、自分の部屋で音楽聞きたいと思い、頑張って貯めた500円玉貯金でMDの聴けるコンポを買いました。

たしか金額は2万くらいだったような、当時の自分からすれば大きな買い物でした。でもコンポを買ってから音楽をたくさん聞くようになって、気持ちをコントロールするために音楽には助けられました。

また、コンポでラジオも聞けたので、一時期オールナイトニッポンに夢中でした。特に「くりぃーむしちゅーのオールナイトニッポン」が好きな友達数人と仲良くなったのは良い思い出です。

17歳でノートパソコンを買う

17歳の時にオンラインのモンスターハンターがやりたいと思いマウスコンピュータでノートパソコンを買いました。

金額にすると10万くらいでした。高校生になって始めたバイトで稼いだお金を全て使って当時では結構いいスペックのノートパソコンを買いました。

その後6年くらい使って現在使っている2代目パソコンに変えたので、思い入れが強く使えなくなるギリギリまで使いました。モンスターハンターを楽しんだり、ネットサーフィンやプログラミングを楽しみネットで世界が広がることを知りました。

20歳でレーシック手術を行う

20歳の時にレーシック手術を受けました。これによって視力が回復して、メガネやコンタクトレンズが必須だったに日常生活が裸眼でいい生活にかわりました。

手術台は26万でした。形として残る物ではありませんが、視力が回復するという子供の時には想像できなかったことを実現できたので高いとも思わなかったです。

日常生活が変わったのでいい買い物でした。

上手なお金の使い方は自分が何を感じるか

これまで色々なことでお金を使ってきました。過去の大きな買い物についても思い出しながら書いて分かりました。

私が上手なお金の使い方したなと思えるのは、お金を使って物を手に入れたり、体験を感じたりして、自分が何かを得たと感じることができれば、それは上手なお金の使い方だと思います。

上手なお金の使い方はこれからも本当の答えは何だろう。と探求を続けるテーマです。30歳くらいになった時にこの記事を見直して、20代のお金の使い方を反省して、30代ではもっと上手なお金の使い方をしたいですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。