全世界の人が1日1記事書いて情報発信すれば、この世は何か変わるのだろうか?

公開日:  最終更新日:2017/02/18

どうも、@tanesho42です。

全世界の人が1日1記事書いてブログで情報発信するとどうなるんでしょう?なんてことを思いました。

ブロネクの一言で衝撃を受けた

私が放送を楽しみにしているブロネクの「毎日ブロネク 0705 若手ブロガーとお話するネク!」という回の放送で、gori.me(ゴリミー)@gori_meさんが次のような一言を言っていました。

「全世界の人が1日1本記事を書いてほしい。」

一応動画も載せますね。

正直この一言を聞いて衝撃的でした。実現は難しい例え話ですが、多くの人がブログを書いて情報発信することになれば、何か分からない時は誰かの書いた記事を読むことで問題が解決するかもしれません。何か悩んだ時は進むべき方向性が分かる手助けになるかもしれません。

良い情報が増えれば世の中はより良くなるだけではなく可能性が広がることも間違いないと私は思っています。

「ブログ=日記」だけじゃない

世間のブログに対するいイメージは昔と比べると変わったと思いますが、やはり「ブログ=日記」というイメージが強い印象が残ります。「ブログ書いている。」と言うと自分の日記をネットで公開しているんだと受け取られることが多いです。

でも仕方ないと思います。私もブログを始めた当初はブログを書くことは日記を書くことと同じ感覚でしたし、アメブロで芸能人が書くブログを読んでいると、やはり「ブログ=日記」だと思います。(「ブログ=日記」という考えも正しいので否定ではありません。)

ブログ=情報発信

私は今でこそブログを書くことにガッツリとハマッていますが、ブログを書き始めた当初は日記感覚だったので夕飯の写真を載せたり1日の感想を書いたりしていました。書く人が芸能人なら需要はあるかもしれませんが一般人の私が書く夕食や1日の感想は誰も興味ありません。クソ記事を書き続けていました。

日記感覚でブログを書いていたある日、ある2つのブログを読んで私はブログで情報発信をする方法もあるということを知りました。ブログ=日記だと思っていた自分にとっては何かが爆発するような感じで大きな衝撃でした。

「ブログの使い方は色々ある…。日記を書くことがブログの使い方だと思っていた…。けど情報発信をする使い方もあるんだ…。」なんてことを思いながら自分の中で何かがメラメラ燃えるような感じだった事を今でもハッキリと覚えています。

それからブログに対する考え方は大きく変わり私にとって「ブログ=日記」だけではありません。「ブログ=情報発信」という考えも加わり、ブログで書く内容から書き方などそれまでとは一変してガラッと変わりました。

だから今は多くの人に、ブログは日記を書くだけではありません。情報発信という使い方もあるのです。ということを届けたい。

「全世界の人が一日一本記事を書いてほしい。」に共感

「全世界の人が1日1本記事を書いてほしい。」という一言を聞いた時に衝撃を受けたと同時に共感しました。「もし実現したらスゲーだろうな」ってね。

だって情報は多い方が良くないですか?何かを調べる時にも情報が多い方が解決する可能性も高くなりますし、個人の選択肢も広がると思います。

例えば、ブログ月間100記事を達成。そして、今の出版社を退職します : め~んずスタジオという記事を私は何回も読みました。進むべき方向性に迷った時はこの記事を読んで「面白いことやろうぜ!」精神を毎回チャージされているような感覚です。

このように読む人の気持ちとかモチベーションを一気にあげるような記事をブロガーは書くことができます。自分が思ったことを書いて情報発信しているだけですが、それを読んだ人は救われることだってあります。だからこそ多くの人が1日1本記事を書いて世の中に情報が蓄積されれば可能性だって広がるはずです。

質の低い情報発信という課題

希望には課題が付き物です。多くの人が1日1記事を書くということの課題は、質の低い記事が増えるということが考えられます。

この課題を自分なりに考えてみました。誰でも自由に情報発信できる今の状況ではこの課題を防ぐ方法はありません。もし将来的に読まれる回数が少ない記事は自動的に削除されるというルールが新設されたら話は変わりますが現実味はありません。

そこで考え方を変えます。

多くの人が1日1記事を書いて情報が蓄積されると、質の低い記事が量産されるという課題が考えられます。しかし、読み手が記事の質を判断する機会になるため読み手の情報処理能力が上達する可能性もあります。

どうでしょうか?質の低い記事が増えるということは課題ですが、読み手の情報処理能力が上達する機会だと考えれば課題もチャンスだと思うこともできます。

考え方は人それぞれですがこのような考え方もあると思います。

情報発信するブログが増えた後の可能性

多くの人が1日1記事を書くことになり情報発信するブログが増えたらどうなるだろうか?新たな可能性も増えると思う。

例えば毎日良い記事を集めたブログ新聞が登場するかもしれません。個人が書くからこそ面白い記事もあり読者は今までの新聞には無かった新たな感覚の読み物に夢中になるのではないでしょうか。

その他にブロガーを支援する組織が登場するかもしれません。

例えばユーチューバーを支援する組織であるUUUM(ウーム)のようなブロガーを支援する組織が登場する可能性もある。

ここ最近ユーチューバーが一気に話題を集め人気になったのでブロガーも同じくらいスポットライトが当たる可能性はあってもいいと思います。それくらいブロガー個の力は凄いですからね。探してみると面白いブログがたくさんります。

全世界の人が1日1記事を書くような勢いでブロガーの可能性を信じて書き続けましょう。

私はFC2ブログから始めました

私はFC2ブログという無料ブログサービスで2010年1月にブログを始めました。その時にアメブロかFC2ブログか悩み色々な人のレビューを見た結果、カスタマイズに優れているFC2ブログを選びました。

アメブロは使ったことないためFC2ブログとの比較は分かりませんが、FC2ブログで約4年半ブログを書いていましたが特に不満はありませんでした。

レイアウトやデザインの変更もできました。プラグインと言ってパーツのような物を装着することもできました。有料プランにすれば独自ドメインを取得して使うこともできました。無料ブログサービスですが自由の効いたブログ運営ができました。

今読んで頂いているこのブログはWordPressというのを使って書いていますが初心者がまずブログを書き始めるなら操作が簡単でデザインをカスタマイズできるFC2ブログもいいかもしれませんね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。