生きるっていうのは難しいことです。

公開日: 

人生は自分が思っているように思い通りにはならいし、むしろ困難や苦労とか大変なことばかりだ。

それでも、みんなは頑張って生きているから自分も頑張って生きなければと思うが、時々「ちょっと、もう無理だわ…」と思ってしまう時もある。

そう思ってしまう理由は色々あって、自分の頑張りが足りないこともあれば、自分ではどうしようもないこともある。

理由はどうであれ限界を感じてしまい、目の前の壁によってその先にある希望が見えなくなっている状態である。

最終的には目の前の壁を乗り越えて先に進むことになるかもしれないが、どう頑張っても前に進めないような状態は正直ツラい。

後戻りは出来るのか?

目の前に壁によってその先にある希望が見えない時は、前に進むのではなく後ろに戻るという考え方がとても大切になる。

はたして自分には「後戻りできる」という選択肢はあるのだろうか?

少し前に知人がある悩みの末に大きな決断をしたのですが、その決断を横で見ていた私は「自分何しているんだよ…」と凄く焦りました。

人生というのは人と比べることではないけど、その知人は悩んで考え、後戻りという考え方もした上での決断でした。

自分は今目の前にある壁を乗り越えることしか考えられていない。それも自分の力だけでどうにかしようとしている。

おそらく、考え方としては正しくないと分かっていながらも同じことの繰り返しをしている。

自分一人?誰か仲間がいるの?

私は周囲の人を信用していないわけではありませんが、周囲の人に頼らなくても自分一人で何とかするという考え方で生きています。

最近はこの考え方がもう古く今の時代に合っていないなと感じることもありますが、まあ基本は自分一人でもやって行くぞ!という意気込みです。

ただ、悩んだ時に自分一人で壁と立ち向かうのと、周囲に仲間がいる状態では状況は全然異なります。

これは私の仲間願望もあるのかもしれませんが、一人で頑張ろうとしている人は、壁にぶち当たった時は弱いです。

だからね、仲間って大切なんですよ!

難しくても生きなさい

ここまで生きることについてネガティブなことを書いてしまいましたが、ここからはポジティブに!

生きることは難しいです。しかし、難しいからって生きることを投げ出すのは間違っているし、生きられるのなら自分の人生を一生懸命生きないとダメです。

「難しくても生きなさい!」

この記事を書きながら、「生きているとこんな楽しいこともあるんだぜ!」ってことを発信していければ誰かの役に立つのかも?って思いまた。

一応、自分は生きることに悩みながら情報発信しているので、自分だから役に立つこと頑張らないとね。

明日を生きようね

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。