人と比べることをやめた、プライド捨てるけど好きなことは負けん

公開日: 

最近の悩みについて考えてみると、原因の種は「人と比べること」だということが分かりました。

そういえば以前、人と比べてしまうのは自分に自信が無いからです、「人と比べるな自分に自信を持て!」という記事を書いたことを思い出し、人と比べることに意味はないと結論が出ていたのに実践できてなかったです。

ダメだなぁー。

人と比べることに意味はない

改めて自分に言い聞かせたいですが、自分と他の人を比べて一喜一憂することは間違っています。

人は人であり、自分は自分だからです。

人と比べることで、誰かを基準にして自分の評価を求めようとすることが必要な場面もあります。

だけど、あの人と比べて自分の方が劣っているから、自分がダメだと決めつけるのは違う!

比較する視点が変われば評価も変わってくるからです。

例えば、瞬時に決断する力は劣っているかもしないけど、記憶力では勝っていることもあります。

人と比べることをやめる

仕事で自分が後輩より劣っている点があったら不安を感じませんか?

「自分の方が先輩なんだから負けないように頑張らないと・・・」って別に後輩から何か言われたわけでもないのに、焦りから不安を感じます。

これは仕事以外でも言えることですよね、先輩だから、兄だから、姉だから、同僚だから、友達だから、まあ状況は様々です。

このように、自分は人と比べては不安を感じてしまうので、人と比べないことを意識するようにしました。

捨ててもいいプライド

誰かと比べて劣っている自分に不安を感じる。

どうしてでしょう?

別に劣っていても構わないと思うことができれば不安なんて感じないですよね。

「立場」という存在が、必要もないプライドをあなたに与えるから、劣っていると不安を感じるのです。

兄が弟より勝ってないといけない理由なんて実は無いです。

そもそも兄弟とは支え合う存在であり、優劣をつける存在ではないから。

「立場的に劣っていてはいけない。」というプライドを捨てることができれば楽になれることに気づきました。

捨ててもいいプライドは捨てよう!

プライドを持つ時もある

プライドを捨てれば楽になれると書きました。

しかし、時にはプライドを捨ててはいけなくて、しっかりとプライドを持たないといけない時もあります。

それは、自分が好きなことと、自分が得意なことです。

好きなことや得意なことをしている時の人って、最もその人らしさが表れている時だと思っています。

イキイキとしていて目がキラキラしていてカッコいいですよね。

劣っている自分が不安で焦って頑張っている姿より、好きなことや得意なことに夢中になっている時の姿の方が素敵です。

自分はどっちでいたいか考えたら後者でした。

だったら、人と比べて劣っていることを不安に感じて頑張るより、好きなことや得意なことで高みを目指して頑張ることです。

それに、好きなことや得意なことなら、自然と頑張れるから高みを目指してしまうんですけどね!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。