自分の人生を生きる方法は、好き嫌いハッキリして、自分で決める

公開日: 

『自分の人生をしっかりと生きているのか?』

数年前から、ずっとこれを自問自答している気がします。

 

情けないのですが、30代という年齢がそこまで近づいているというのに『自分の人生』について今でも悩んでいます。

自分の人生について悩むことは必ずしも悪いことではありません。

 

しかし、自分の人生について悩んでいる自分に焦りや劣等感は日々感じます。

25歳~29歳くらいまでの20代後半の人に何か共感頂ければと思い書きますので、よければ参考にして下さい。

自分の人生を生きるべき!

自分の人生を生きる

社会人となり働くようになって10年に満たないですが、色々な経験をしました。

喜びがあれば、苦しみもありました。

 

そんな経験を繰り返した今の自分は『自分の人生を生きていない』と感じます。

そう感じる理由の1つが生活のためにやりたくないことをやっているというのがあります。

 

自分は大人ですし、家族を持つ立場なので、生活のために嫌なことをするのは当然だと言い聞かせています。

しかし、中には『大人でも家族持っていても、自分の人生を生きること可能だよ!』と言う人もいます。

 

そういう人の存在や考え方を知ると自分も諦めなくていいかもと希望を持ちます。

だから、『自分の人生を生きているか?』と自問自答してしまいます。

 

自分の人生を生きるとは?

自分の人生を生きているか悩む

『自分の人生を生きているか?』と自問自答していますが、自分の人生を生きるってどういう意味なのでしょうか?

『自分の人生を生きる』の意味(定義)をこの機会に考えてみます。

 


 

私の考える『自分の人生を生きる』とは、自分のやりたいことをやって生きているか?です。

人は誰でも好きなことや興味のあることがあるはずです。

 

それを仕事にすることが出来れば一番理想的です。

仕事にするのが無理なら、せめて好きなことや興味のあることを楽しめる時間を毎日用意はしてほしいです。

 

自分の人生を楽しめていないと自分の人生を生きていると感じられません。

自分の人生を楽しむためには、『自分が好きなことをやって嫌いなことはやらない』これが答えです。

 

『人生はそんなに簡単ではない!』っと言われるかもしれませんが、その通りだと私も思います。

実際、私も好きなことだけやって嫌いなことはやらないを意識していますが、やっぱり実現できていないです・・・。

 

ただ、『好きなことだけして嫌いなことをしない』を実現できているがいるのが現実です。

だから、自分もそうなりたいのです。

 

自分の人生を生きていない人は?

悩む落ち込む

自分のやりたいことを我慢して、やりたくないことをして生きている人は自分の人生を生きていない人です。

ただ、世の中の多くの人がこれに該当して、自分の人生を生きていない状態ではないでしょうか。

 

自分の人生を生きていないとき人はどうなるのでしょうか・・・?

この記事を書いている私のように、自分の人生に悩むことになります。

 

その人の性格にもよるのですが、自分の人生に悩んでしまうと迷宮に迷い込んだかのように苦しみます・・・。

私は『自分の人生を生きていないとき人は病気になる』と思うくらい、分の人生を生きていないことは良くないことだと思っています。

 

人生は長いようで短いと最近感じるようになりました。

まだ私は20代ですが1年間が凄く短く感じます。

 

歳を重ねるごとに『1年間』という時間は人生の一部の時間として考えると短くなります。

・10歳にとっての1年間は、これまで生きた人生の10分の1です。

・20歳にとっての1年間は、これまで生きた人生の20分の1です。

 

だから、歳を重ねるごとに短く感じようになる1年間を歳を重ねるごとに大切にしないといけないと思いませんか?

 

自分の人生は自分で決める

自分はどう生きるのか

自分の人生を生きていない人は、自分の人生を生きられなくなった理由があるはずです。

そして、その理由は2パターンに分かれるはずです。

1.自分の意志で決めたが結果的に嫌いなことをすることになった。
 ⇒自分で決めた会社に入社したけど、結果的に嫌なことをしている人生

2.自分の意志とは関係なく外部的な要因で嫌いなことをすることになった。
 ⇒親に決められた進路を進んだけど、結果的に嫌なことをしている人生

こんな感じですね。

 

どちらにも言えることですが、自分の人生を生きるためには自分で考え決断し行動することが大切です。

そして、時に間違えた選択をしてしまうこともあるでしょう、その時は自分の人生を生きるために進むべき道を修正する必要があります。

 

自分の人生は自分で決める。

周りの人は自分の人生を邪魔する人ではなく、自分の人生をサポートしてくれる人であるべきなのです。

自分の人生を生きる方法とは?

仕合せに生きる

最後にまとめですが、自分の人生を生きる方法は次のようなことがポイントです。

・自分の好きなことをする
・自分の嫌いなことはしない
・自分で考え決断し行動する
・進むべき道を間違えたら修正する
・自分の人生を生きていることを実感する

 

これらが出来れば、自分の人生を生きることは可能だと私は考えています。

言葉にするのは簡単ですが、自分の人生に落とし込むのは簡単なことではないでしょう。

 

ただ、『自分の人生を生きるためにすること』として頑張ろうと思っています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。