外の世界に飛び出すのは怖いけど飛び出してみると意外と平気だった

公開日: 

自分の知らない世界に飛び出すのは凄く怖いですよね?

知らない土地で暮らしてみたり、どんな人かわからない人と絡んでみたり、想像するだけでも怖いです。

今まで生きた中で経験したこと、学んだことを自分の世界だとしたら、経験していないこと、知らないことだらけの外の世界は恐ろしい場所です。

ジャンプ飛び出す
photo credit: Free!!! via photopin (license)

外の世界に出てみると平気だった

外の世界に飛び出すのは怖いです。でも、いざ飛び出してみると思っていたより平気だと感じる時もあります。

私もこれまで外の世界に飛び出したと思える体験が何回かありました。最初は苦しみました。辛いと思う気持ちばかりです。

でも、終わってみれば「最初は苦しんだけど意外と平気だったな。」と感じることもありました。

だからと言って外の世界に飛び出せってことではありません、飛び出すことで得るものもあれば、失うものもあります。

答えは結果論でしか語れません。

私が外の世界に飛び出した体験

私が外の世界に飛び出した体験を2つご紹介します。

東京への上京

私は高校卒業後に地元企業へ就職しましたが新人説明会で配属先が東京だと告げられました。断る勇気もなく私は社会人1年目の19歳で希望もしない東京へ上京しました。

生活環境は変わり、人間関係は1からやり直し、毎日自宅と会社(取引先)の往復でした。自分の人生で19歳は暗黒の時代でした。

しかし、社会人2年目の20歳に勇気を出して友達を作ろうと行動しました。趣味である競馬を通じて友達が増えて少しずつ東京での居場所を作っていきました。

【Q】上京して友達がいません。できません。【A】私も同じでした。一歩だけ勇気が必要です。【Q】上京して友達がいません。できません。【A】私も同じでした。一歩だけ勇気が必要です。

最初は苦しみました。暗黒の時代だった19歳は長い人生の貴重な1年と考えれば今でも後悔しかありません。

でも、東京へ上京したから分かったことや出会うことのできた人がいます。

希望しない上京だったので、上京したことが良かったのかは今でも分かりませんが、怖いと思っていた上京が今では外の世界に飛び出してみるのも悪くないと思えうことができます。

レーシック手術

私は20歳になった時にレーシック手術をしました。

目にメスを入れるので手術直前まで恐怖しかありませんでしたが、それでも視力が回復するならという希望でレーシック手術を決めました。

私が手術した時は2010年なので現在はどういう手術方法なのか分かりませんが、当時は片目1分程度の手術であっという間に終わりました。

手術前の検査に何時間も必要で、手術自体は数分だったことに驚きました。

手術前は恐怖でしたが今は数分の恐怖に勝ってメガネもコンタクトレンズも必要ない日常生活が凄く嬉しいです。

これも恐怖に立ち向かい一歩踏み出して良かったと思える出来事です。

金網の先を見つめる子供

外の世界に出る勇気

自分の知らない外の世界に出る勇気は必要なのか今でも考えています。

私の場合は希望もしない東京へ上京したことで自分の知らない外の世界に飛び出すことを意識するようになりましたが、もし東京へ上京することなく地元にいればそれはそれで幸せだったかもしれません。

だから、自分の知らない外の世界に出る勇気が絶対に必要かと言うと違います。今の現状をより良く変えれる可能性があるのなら外の世界に出る勇気はいらないと思うからです。

もし、今の現状をより良く変えられなくてどうしようもないって時は外の世界に出る勇気があると人生も良い方向に進めますよ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。