馬券スタイル・予想理論を少しずつ変えていきます。

公開日: 

どうも、@tanesho42です。

今回は自分の予想理論について語ります。

最近、単複論! 実践編を購入して読書しています。昨年から少しずつ取り組んできましたが自分の予想理論に血統を取り入れようと試行錯誤してきました。

まだまだ知識が乏しいので勉強の余地はありますが少しずつですが馬個体の能力予想だった形が血統を加えることで適性予想に近づきつつあります。

最終的には「能力+適性」を重視した単複予想で完成形態を目指しています。

私の予想理論に足りないこと

私の予想理論の基本は、 「単複ダート少頭数レース本命党」です。約7年間競馬を続けてこのスタイルに落ち着きました。

これまでを振り返ると結構変化を続けてきましたけど今後も単複スタイルを変える気はありません。

今の私に足りないことは、狙えるレース条件を広げ穴馬を本命にすることです。この力を身に付ければ、かなりオールマイティーに競馬予想をすることができると考えています。

とりあえず方向性を決める

足りない力が分かりましたが、とは言っても直ぐにこれまでのスタイルを変えることはできません。

単複スタイルは変えず、後は今まで作った理論を軸にしながら適性予想による、勝負対象レースの増加と穴馬を狙うという点を加えていくつもりです。

  • 1.ダート少頭数本命党(現在)
  • 2.ダート少頭数穴党
  • 3.ダート穴党
  • 4.穴党

1つずつ段階を踏むか一気に駆け上がるかは分かりませんが方向性はこのような感じです。

よし、単複スタイルの方はぜひ色々アドバイス下さい。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。