久しぶりに故郷へ帰ったけど、上京先に戻る時の悲しい気持ちを抑える方法

公開日: 

地元から上京している人にあることですが、久しぶりに地元へ帰ったけど、また上京先に戻らないと行けない時の悲しい気持ち。

ありますよね?

私も上京して数年経ちましたが、今でも地元の空港から、羽田空港へ向けて飛び立つ時には凄く悲しい気持ちになります。

悲しいけど、それが現実なので仕方ありません。上手に受け入れて気持ちを落ち着かせましょう。

故郷に帰れるのはあなたの頑張り

私は故郷に帰れるのは自分が上京先で頑張ったご褒美だと思っています。

だから、故郷から上京先に戻るということは、まず自分の頑張りが認められたと自覚することです。

久しぶりの故郷で過ごす時間は懐かしさもあり楽しかった。それはあなたが頑張ったからです。

故郷をまた離れるのは寂しいけど、頑張りは認められました。そのことを励みにまた次頑張るための源にしましょう。

また故郷へ戻るぞ

私は羽田空港へ向かう飛行機の中で、「絶対に自分は東京で頑張るんだ」っと強く思っています。

その思いの先には、頑張ればまた故郷へ帰れるという希望があるからです。

また上京先で頑張って、成長した自分の健康な姿を見せるために、故郷へまた帰るのです。

絶対にまた故郷へ帰るという強い意思で寂しさを打ち消しましょう。

ANA飛行機

寝よう

嫌なことを忘れるためには寝ることが一番です。

故郷から上京先に戻ると、移動により体力的にも疲れていますが、気持ちの不安定から精神的にも疲れています。

だから、寝て回復しましょう。

寝て起きた時に、「よっしゃ、もう一度頑張ってやるぞ!」って気合い入れて、また故郷へ戻るために頑張ります。

気持ちのコントロール

難しいですけど、気持ちのコントロールができる人は人間として強いです。

なんとか、寂しいと思う気持ちを、もう一度頑張ってやるぞっていう気持ちに変えられるよう、休んだり気分転換したりしましょう。

時間が経てば寂しいと感じていた気持ちは少しずつ小さくなります。時間に任せるのも悪くないですが、自分の力で気持ちをコントロールできた方が、次にも活かせます。

寂しい気持ちに勝つために、また故郷へ戻るために、もう一度自分を信じて頑張ってみましょう。

「自分ならやれる!」この気持ちが凄く大切です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。