JRAダートG1レースを両方勝った馬は何頭いるのか調べてみた

公開日: 

JRAのダートG1レースは『フェブラリーステークス』『チャンピオンズカップ』の2レースがあります。

G1レースは全部で26レースありますが内訳は、芝22レース、ダート2レース、障害2レースとなっています。

※チャンピオンズカップは2013年まで『ジャパンカップダート』という名称でしたが、2014年より名称を変えて現在の『チャンピオンズカップ』となりました。

数少ないダートG1レースを両方勝った馬は過去何頭いるのか調べてみました。

ダートG1レースを両方勝った馬

フェブラリーステークスとチャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダート)を両方勝った馬は次の通りです。

馬名 フェブラリーS チャンピオンズC
ウイングアロー 2000年 2000年
カネヒキリ 2006年 2005年
2008年
ヴァーミリアン 2008年 2007年
エスポワールシチー 2010年 2009年
トランセンド 2010年 2010年
2011年
ゴールドドリーム 2017年 2017年

 

2017年時点でダートG1レースを両方勝っている馬は6頭です!

名だたる名馬達ですね。

歴代ダート名馬への感想

ダートG1レースを両方勝った名馬達を見ると豪華ですね。

私が競馬を始めた当時はダート馬といえばヴァーミリアンが圧倒的な強さでした。

 

その後はカネヒキリが復活したり、トランセンドはドバイワールドカップで2着にもなりました。

ここ最近ではゴールドドリームが久しぶりにダートG1を両方制覇しましたが、ダート界の各馬能力も僅差のような印象があります。

 

やはり日本競馬は芝が主流なのでダートG1は少ないですが、日本のダート馬は強いと言われるような将来を期待しています。

参考:G1レースで1番人気馬の成績を年別に調べてみて

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。