個人で稼ぐ方法は?自由に働いてお金を稼ぐ方法を考えてみた

公開日:  最終更新日:2018/11/19

最近では「働き方改革」「副業」という言葉を聞くことが多くなりました。

これが何を意味するか考えてみたのですが、これからは個人で稼ぐという生き方をする人が増えそうです。

フリーランスと言って会社に雇われるのではなく個人で仕事を受けて働き稼いでいる人も既に多くいます。

実際に私も個人で稼ぐという働き方を追求して試行錯誤をしている状況です。

調べてみると個人で稼げる方法は色々ありましたので、実際に私が体験して個人で稼げると思った方法をご紹介します。

収入源を1つ増やす方法だと思って参考にしてみてください。

個人で稼ぐ時代だということに気付いた

仕事をして個人で稼ぐ

今の時代そして今後は個人で稼ぐことが当たり前の時代になるということに気付きました。

会社員として組織に雇われて働いているような人でも、副業では個人で稼ぐというような感じで多くの人が個人で稼ぐという経験をすることになりそうです。

そして個人で稼ぐ人同士が協力して時にはコラボして稼ぐというようなこともあるでしょう。

 

会社員としてどこかの組織に属して働く時代から個人で働くことが増える時代に変わってきています。

個人で働く人が増えるイメージ

イメージはこんな感じですね。

個人で仕事する人が増えたとしても、企業という組織がなくなるわけではないので、個人対企業のような働き方も増えてきます。

 

個人で稼ぐ方法を紹介します

個人で稼ぐ方法は何があるのか最初は私も分からなかったので調べて色々と実践してみました。

実際に私が経験した個人で稼げる方法をご紹介します。

ブログの広告収入で稼ぐ

ブログを書く

ブログを書いて広告収入で稼ぐ方法です。

ブログのイメージってウェブ上で書く日記をだと思われているかもしれませんが、『情報発信』という使い方もあります!

例えば、糖質制限ダイエットについてブログを書くとします。

【日記の書き方】

最近ハマっているのが糖質制限ダイエット!
炭水化物はダメなので、糖質の低い麺で作られたラーメンを食べました。
少し味が薄かったけど、痩せるために頑張るぞ!

【情報発信の書き方】

最近ダイエットのために糖質制限を意識した食事をしています!
糖質制限とは炭水化物を控えた食事をすることで、糖質の低い麺で作られたラーメンを食べました。
糖質を抑えると少し味が薄くなりますが、痩せるために頑張りも大切!

正確に書くと文字数がもっと必要ですが極端な書き方をするとこんな感じです。

芸能人なら知名度があるので日記のような書き方でも読んでもらえますが、知名度のない一般人がブログを読んでもらうなら情報発信のような工夫した書き方が必要です。

ブログの広告収入で稼ぐ場合は、広告を見て貰う回数を増やすために、書いた記事を多くの人に読んでもらうことが大切です!

 

ブログのアフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトで稼いで喜ぶ

ブログを書いて収入を得る方法には広告とは別に『アフィリエイト』があります!

アフィリエイトというのは、ブログで商品を紹介して読者がブログ経由で商品を購入して頂けた場合、売り上げに貢献したということで報酬が貰えます。

 

例えば、『副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト』という本は、私がよく参考にしているブログを書いている人が執筆していて、ブログを使ってアフィリエイトで稼ぐ方法を学ぶにはオススメの本です。

 

こんな感じで自分が紹介したい商品をブログで書いて、読者が興味を持って頂き購入をして頂ければ私の元に報酬が入る仕組みです。

ちなみに、この本は本当にオススメなので興味ある方は是非必読の一冊です!

 

株の配当金で稼ぐ

配当金受取通知

株に投資をすることで配当金収入を得ることができます!

私は23歳で投資を始めようと思い『国内株式』への投資を開始して、今でも数社の株を保有していますので定期的に配当金を頂いています。

全ての企業が配当金を出すわけではなくて配当金を出さない企業もあります。

そのため、配当金を目的で株に投資をする場合は、配当金の確認をして投資額に対してどれくらい配当金が貰えるのかが大切です!

 

投資信託の分配金で稼ぐ

投資信託へ投資する

私は2018年4月に投資信託を始めました。

知識も未熟なのですが、投資信託には分配金と言って毎月お金が入ってくる仕組みがあります。

株で配当金を得て「不労所得だ~!」と喜んでいた私には嬉しい仕組みで実際に分配金が受け取れる銘柄を購入してみました。

投資信託の購入は楽天証券を使っているのですが、楽天証券では楽天スーパーポイントで投資信託が購入できるので貯まっていたポイントを使って購入してみました。

▼2018年7月投資信託の分配金
投資信託_分配金

これは2018年7月に受け取った分配金ですが134円を受け取りました。(不労所得やで~~~)

 

私の場合は余っていた楽天スーパーポイントで試しに投資信託を買って毎月100円程度の利益を得られているので、真剣に投資として考えれば個人で稼ぐ1つの手段となります。

ただ、投資信託へ真剣に投資するなら分配金を出さない銘柄の方が良いという意見もありましたので、真剣に投資する場合はしっかりと勉強が必要です。

あくまで個人で稼ぐ方法の1つとして投資信託があるということです!

 

株・投資信託を始めるなら楽天証券がオススメ!私もメインで使っています!

 

仮想通貨へ投資をして稼ぐ

仮想通貨

仮想通貨へ投資をして価値が上がれば利益を得ることができます。

仮想通貨は最近凄く話題になっていて価値も右肩上がりです。

実は私もブームに乗り2017年12月より仮想通貨を買い始めました。

 

仮想通貨というと『ビットコイン』が有名ですが、実はビットコイン以外にも色々な種類の仮想通貨があります。

株と違って24時間価格が変動しますので投資の感覚としてはFXに近いです。

短期で売買して利益を得るのもいいですが、仮想通貨の価格は時代の流れで上がると思うので私は長期投資として考えています。

 

クラウドソーシングで稼ぐ

個人で仕事をするめの道具

自分が出来そうな仕事をクラウドソーシングで探して完了すれば報酬を得ることができます!

クラウドソーシングとは、ランサーズや、クラウドワークスが有名で、ネットを通じて仕事を受けられる仕組みです。

仕事の種類はライティング、デザイン、ネーミング、プログラミングなど様々な種類があります。

 

例えば私の場合は、ブログで文章を書いていて競馬が好きなので『競馬に関する記事の執筆』のお仕事をさせて頂いたことがあります。

1500文字で3記事を納品するというお仕事でしたが、ブログで文章を書くことは慣れていますし好きな競馬がテーマだったのでスラスラと書くことが出来ました。

競馬の原稿を書く仕事がしたいなら「クラウドワークス」で仕事を頂くでも書きましたが、自分の好きな仕事で報酬が貰えるというのが個人で稼ぐことになっています!

 

メルカリで稼ぐ

メルカリ

フリマアプリ『メルカリ』を使って、不要になった物や安く仕入れた物を売ることで利益を得ることができます!

メルカリで物を売って振込申請をすれば指定した口座にお金が振り込まれます。

1万円以上の振込申請だと振込手数料が無料となるので、私も試しに1万円以上の振込申請ができるまでメルカリで物を売った経験があります。

初心者でも、1ケ月くらい不用品や安く仕入れた物を売って最終的に6000円くらいの利益を上げることが出来ました。

 

メルカリで何かを売った場合、売り上げの10%は販売手数料になってしまいますので、自分の利益となるのは売り上げの90%です。

利益 = 売上 – 原価(仕入値) – 送料 -販売手数料(売上の10%)

これがメルカリで何か物を売った時の利益を計算する式です。

 

この記事を読んでメルカリを始めてみようと思う方は、招待コード「VFKQJN」で始めて頂くと、私とあなたに『くじ引き券』がプレゼントされるので嬉しいです!

 

競馬で稼ぐ

競馬はギャンブルですが、勝負事なので勝てば稼ぐことができます!

ギャンブルと言うと良いイメージは持たれませんが、勝てば稼ぐことができますので、個人で稼ぐための手段としてはありです。

 

しかし、やはりギャンブルなので手段の1つではあるけど、本当に競馬で稼ぐべきかはよく考えて下さい。

私は高校生の時から競馬に興味を持って今でも研究を続けていますし、何より競馬が好きだから競馬で稼ぎたいと思います。

本当に稼ぐことだけを考えるなら個人的には競馬より株をオススメします!

 



 

個人で稼ぐスキルを高めようと思った理由

私は22歳くらいの時、会社に雇われることなく個人で稼いでいる同年代の人達を知りました。

その人達の経歴や活動を調べることで現代は個人で稼ぐ時代になっているということに気付きました。

実際に個人で稼ぐことに挑戦してみたら私でも稼げたので、今でも個人で稼ぐことを希望に生きているところもあります。

ここまで「個人で稼ぐ」をテーマに書いてきましたが、それは組織に属すことが時代遅れだと言っているのではありません。

昔より個人で稼げる可能性が高くなったので、個人で稼ぐスキルを高めることには価値があると考えています!



ご愛読ありがとうございます!

よければシェアとツイッターのフォローもよろしくお願い致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加