地元を離れ「県外就職」で悩む人へメリット・デメリットを説明

公開日:  最終更新日:2018/08/09

これから就職を考える時に、「地元を離れて県外へ就職する」という選択肢があります。

  • 生まれ育った地元で就職する
  • 生まれ育った地元を離れて県外で就職する

どちらを選ぶかは自由であり、あなたの人生において凄く重要で凄く大切な選択肢です。

正直悩むと思います。

高校卒業で就職となれば18歳での選択、大学卒業で就職であれば22歳での選択です。(例外はあるかもしれませんが)

どちらにせよ、10代後半や20代前半までしか生きたことのない経験値で、この選択肢を選ぶのは悩みます。

そこで、私(@tanesho42)の体験談を書きますので、よければ参考にして下さい。

私の経緯を簡潔に説明

私は少し変わった経緯で地元を出て県外で働いています。

高校3年生の時に卒業後は就職しようと決めて就職先を探した始め、最初は地元を出てみたいという憧れがあって県外の就職先を探して会社説明とか面談に参加しました。

会社説明会に参加している内に、私と同じように地元を出て県外就職を希望している人と何人か出会い話をする機会がありました。

話を聞いてみると皆それぞれの思いや考えで県外就職を希望していることが分かりましたが、同時に自分が県外就職を希望する意思が甘いことを痛感しました。

たとえば、地元にはない仕事だから県外で挑戦する人や、将来は地元に戻ることまで計画して自分のレベルアップのために県外就職を考えている人など、「地元を出てみたい」たったそれだけの憧れで県外就職を希望している自分の考えは甘かったです。

県内で就職を決めたが・・・

その後、色々考えた結果、私は県内で就職することを決めました。

しかし、勤務地は東京で予想もしていなかった上京をすることになり地元を離れて県外で働くことになりました。

 

正直驚きです。

でも、地元を離れて県外で一人暮らしをしながら働いた経験から学んだこともあります。

今回は、県外就職のメリットとデメリットを書きますので、就職で悩むあなたの参考になれば嬉しいです。

メリットとデメリット

県外就職のデメリット

メリット・デメリットありますが、まずは悪いことから書きましょう。地元を離れて県外で就職するとこんな辛いことが考えられます。

1.寂しい気持ちになる

地元を離れて一人暮らしを始めると凄く寂しい気持ちになります。今まで家族と暮らしていたのなら尚更で、誰にも邪魔されない自由に喜ぶのは最初だけです。

想像してみて下さい。

 

帰宅しても部屋は暗い、ご飯を食べる前に一人で「いただきます」を言う、体調を崩しても誰も側にいません・・・。

 

などなど、これは私が一人暮らしの時に体験して寂しいと感じたことです。

・寂しさを紛らわすために、電気をつけたまま外出する
 ⇒帰った時に部屋が明るい!

・「いただきます」と言った後に「いただきます」と繰り返す
 ⇒自作自演でにぎやかさを演じる

・体調を崩しても元気なふりをする
 ⇒もはや論外

こんなことをして対策はしてきましたが・・・、寂しい気持ちに勝つことはできませんでした。

地元を離れて県外に出るということは、こういう孤独な環境に打ち勝つことが必要になってきます。

 

2.人間関係がリセットされる

行った先に知り合いがいるなら少し安心ですが、知り合いがゼロの状態になる可能性も考えられます。

私は19歳で東京へ上京しましたが、東京に知り合いは1人もいなかったので人間関係はリセットされゼロからのスタートです。

 

「これまでの18年間は何だったんだよ・・・。」っと絶句しました。

 

だって18年間という時間で築き上げた人間関係が一瞬にしてゼロに戻るんですからね・・・。

でも、一人友達が出来れば、その友達から新しい友達が出来て、またその友達から新しい友達が出来てというように人間関係は一気に広がる可能性だってあります。

こればかりは自分の行動力と運次第で、待っているようではダメです。自分からガンガン行くような積極性が必要です。

 

3.日常生活は自分で全てやる

一人暮らしを始めると、これまで親(特に母親)がやってくれていたことなど日常生活の全てを自分一人で行わなければいけません。

私は特に洗濯で苦戦しました。残業が当たり前の職場環境なので帰宅するのは22時とか23時とかです。疲れている体を動かし洗濯を2日に1回行っていましたが、時々あまりにも苦しくて休日に1週間まとめて洗濯することもありました。

今でも結構大変です。

結局、自分一人でどこまで頑張ることができるかなんですけど、異国の地で初めての一人暮らしというのは思っているより大変です。

 

料理も洗濯も自分で

 

4.親孝行ができない

これは自分への反省と地元を離れて県外へ出ようと考えているあなたへの戒めです。

「親孝行」というのは凄く大切なことです。(当然ですけどね)子供の時と違って社会人になり働き始めれば自由に使えるお金も増えるので、親孝行として出来ることの幅も広がって生きます。

でも、地元を離れて親との距離が遠ければ遠いほど親孝行をするのも難しくなります。地元へ帰省する回数を増やすとか考えられる対策はあります。でも、移動時間や移動費用だって馬鹿になりません。

地元にいれば急いで帰れる実家でも、地元を離れたら何かあった時、急に帰ることも難しい可能性もあります。

私は祖父が亡くなった時に、ギリギリで帰省することができて最後に祖父の生きている姿を見ることが出来ました。半日でも帰省する時間が違っていたら生きている姿を見ることができませんでした。

そう考えると、地元を離れるできた自分と地元との距離は結構厄介です。そして、繰り返しになりますが親孝行は大切です。

 

5.地元へ帰られなくなる

親孝行は大切と言いながら矛盾していますけど、私は地元へ帰ることが嫌です。

実家に帰ることが嫌ではないのですが、地元へ帰ると何故か悲しい気持ちになるからです。不思議ですよね、久しぶりに実家へ帰ることが嬉しいはずなのに気持ちは悲しんでいるんです。

これは私が特別なだけかもしれません。他に厄介なのが自分は地元を出て県外へ行ったという「プライド」です。

私はくだらないプライドに結構悩みましたね。

東京へ上京してから何度も地元へ帰ろうと思ったことがあります。でも、その時に「地元へ帰ったら東京で通用しないから負けたと思われるのでは?」と毎回思っていました。

これはクソくだらないプライドです。今となってはどうしてクソくだらないプライドを大切にしたんだろうって後悔している部分もあります。このクソくだらないプライドはデメリットでしかありません。

だから、地元を離れて県外へ行く時にプライドは捨ててから行って下さい。「プライド」と「根性」は別物です。

 

6.自分の居場所が分からなくなる

私は東京へ上京して数年が経ちましたので、東京で生活していくことの不安もあまり感じなくなりました。

でわ、東京が自分の居場所なのか?って問われると答えは「違う!自分の居場所は必ずしも東京ではない!」なんですよね・・・。

今、生活しているのは東京ですが、ここは生まれ育った場所なわけでもなく、ただ今は東京で生活している。それだけです。

なら本当の居場所は故郷なのか?って問われると、これまた答えは「違う!もう地元を離れ結構経ったし」なんですよね・・・。

つまり、今生活している東京が自分の居場所って感じでもないし、生まれ育った故郷が自分の居場所って感じもしません。

自分の居場所が分からなくなる。私はそんな思いを上京することで体験しています。



県外就職のメリット

さて、長々とデメリットを書いたので県外就職が嫌になったかもしれません。でも、デメリットだけではありません。メリットもありますので参考にして下さい。

1.家族のありがたみが分かる

上京して一人暮らしを始めて「家族のありがたみ」を改めて痛感しました。

一人で生活するということは「全て自由」だと思っていましたが、それは良い面を見ているだけです。実際はデメリットでも書きましたが、全て自分でやらないといけなくて、一人暮らしは結構孤独を感じます。

一人暮らしをしてみると「家族ってスゲーありがたい」と感謝したくなる気持ちが分かりますよ。

一人暮らしと言っても、実家から近い場所で一人暮らしと、実家から遠い場所で一人暮らしとでは全然意味が違います。今回言いたいのは実家から遠い場所で一人暮らしをする時です。

でも、実家からどれだけ離れているかに関わらず、自立することができるという成長も含めて実家に頼らない一人暮らしをすることは価値があることです。

 

2.好き嫌いが無くなり何でも食べらるようになる

洗濯以外で私が苦戦したのが毎日の食事です。これまで実家暮らしで母親の作る食事を食べてきたので料理のスキルは皆無です。この機会に料理スキルを身に付けようと取り組んでみましたがセンスの無さに断念しました。

一人暮らしを始める前は、毎日好きなもの食べられると喜んでいましたが、そんなワクワクは最初の1ケ月程度でした。

少しずつ食費が気になったり、健康に気をつけ偏った食事にならないようになど、自分で食事を準備することが苦痛になる一方でした。(料理好きなら別ですけどね。)

そうなると好き嫌いなんか言っている場合ではありません。気付いた時には何でも食べられるようになっていました。

近くのスーパーでよく安売りをしていた「ひじき」や「納豆」を食べることが多かったです。子供の時は全然美味しいと思うことはありませんでしたが今では凄く美味しいと思う食べ物になりました。

 

3.自立できる

実家から離れた場所で一人暮らしをしながら働いている。そんな自分を客観的に見た時に「自分は自立している」と感じることができました。

実際は人間としてまだまだ未熟で自立しているとは言い難いのかもしれませんが、一人で生活を成り立たせていることは事実です。

自立していると感じられることで少しですが、自分の自信になりました。自信がつくと生きる原動力となり嬉しい気持ちになります。

自立の定義は難しいですけど、地元を離れて一人暮らしをしながら働く生活を経験するだけで凄いことであり経験して損はありません。

胸をはって自分をアピールする

4.自分が変わる

「自分が変わります。」と言って想像して頂けるでしょうか(笑)?

凄く説明が難しいのですが、もし今の自分が変わりたいと思うのなら地元を離れて県外で就職するのは良い選択肢だと思います。

自分を変えるために環境を変えてみることは間違ってはいません。

私は東京へ上京することで自分が変わることができたと実感しています。そして今の自分が結構好きです(笑)

ナルシストという意味ではありませんよ!

おそらく、上京することなく地元で働いていたら今の考え方や価値観または思考などはなかったはずです。

自分を変えることが良いか悪いかはあくまで結果論です。でも、自分を変えたいと思う気持ちがあるのなら地元を離れて県外就職を私はオススメしたいです。

大丈夫です。辛くなったら戻る場所がありますから。

5.「地元へ帰る」選択肢がある

県外で就職すると、いざ困った時の最終手段として「地元へ帰る」という選択肢があります。

この選択肢は地元を離れた人の特権のようであり、凄く心強い選択肢です。失敗しても帰る場所があると考えることで、前向きに進むことができるからです。

私は子供の時から人見知りでした。今でもどちらかというと人見知りですが、上京することで以前より人見知りは克服されました。

克服できた要因は、心のどこかで人間関係で失敗しても自分には地元へ帰るという保険があるから、積極的に都会の人と関わることが出来たからです。

辛くなったら戻る場所があるので安心して下さい

 

6.経験が自信になる

地元に残っている人より上京した人の方が凄いなんてことはありません。

しかし、地元を離れて上京した経験というのは自分の武器として自慢していいことです。

むしろ自分の価値を上げるために使った方がいいくらいです!

上京して辛い思いもしますが、時間が経てば辛かった思いは自分の経験値として自信になります。

最後に伝えたいメッセージ

ここまで書いたことをまとめます。

▼県外就職のデメリット
1.寂しい気持ちになる
2.人間関係がリセットされる
3.日常生活は自分で全てやる
4.親孝行ができない
5.地元へ帰られなくなる
6.自分の居場所が分からなくなる
▼県外就職のメリット
1.家族のありがたみが分かる
2.好き嫌いが無くなり何でも食べらるようになる
3.自立できる
4.自分が変わる
5.「地元へ帰る」選択肢がある
6.経験が自信になる

 

最後になりますが、「後悔しない選択肢」を選んでください。

私は県内就職を選びましたが、勤務先が予期せぬ県外となってしまったので感覚的には県外就職でした。

もちろん勤務先が県外と言われた時に断ることもできたので、今となっては地元で働かなかったことに全く後悔していないわけではありません。

しかし、県外に出て働いたからこそ分かったことも多くて、特に自由な人生を手に手に入れるという気持ちが強くなったことは良かったことです。

県外で働き始めて家族も知人もいない環境だからこそ自分一人の力で生きないといけないという思いから自由な人生を意識しました。

自分の人生だから「人に流されずに自分の道を生きる」ことが大切です。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

また、この記事を書いた@tanesho42に興味あればフォローお願いします!

 

県外就職にオススメサービス

県外就職をするためにオススメのサービスをご紹介します。

よかったら参考にしてみて下さい!

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】 ※一緒にキャリアプランを考えてくれます。

若手が活躍できる会社を集めました! ※経験豊富なキャリアコンサルタントが就活生としっかり向き合ってくれます。

東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】 ※東京で住まいと仕事を同時に探せます。

就職・転職ならDYM就職 ※経歴や学歴に不安があっても安心です。

 

「県外就職」の関連記事

こちらの記事もよければ参考にして下さい。

 

【県外へ就職しようか悩んでいる人向け】

地元を離れて県外へ就職するべきか?経験者が本音を語る

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬を見る私
このブログを書いている@tanesho42です。
「FreeLife(フリーライフ)自由な人生」を目指しています。
詳しくはプロフィールを参考に興味あればフォローお願い致します。